アフィリエイト初心者は1年で500記事のペースでブログを書けばいい

僕はアフィリエイターとしていろんな記事を毎日毎日書き続けているのですが、たまにはアフィリエイト的なことを書いておこうと思っての表題です。

ブログなら年間で500記事ペースで書けばとりあえず土俵に上がれる

これは本当に一つの目安になります。

アフィリエイト初心者はとりあえずこの数字を達成できるように定めて動けば結果はとりあえず出ます

このブログを運営していると、日々いろんな方からメールで電話で問い合わせをいただくのですが、その流れでアフィリエイトを教えることになると毎回言われる質問があります。

1日何記事更新すればいいですか?

多くのアフィリエイトサイトではこの質問は愚かな質問だ。みたいに言われているのですが、僕はそこまで愚かな質問だとは思っていませんし、僕もアフィリエイトを始めた時にまったく同じ質問をしていました。(笑)

アフィリエイトに参入した人が1日にどれだけの作業を行えばいいのか、一つの指針として聞いておきたいものだと思います。

答えは年間で500記事のペースで書けばいいです

僕がこの質問をされて毎回即答するのがこの答えです。

1つのブログからまとまった収益や報酬を安定して取りたいのであれば、年間で500記事のペースで記事を上げ続ければOKです。

でもこの答えをぶつけるとほとんどの方が「なんだそれぐらいだったら全然できるよ」とか「いけそうじゃん!」と反応してくれるのですが初心者にとって年間500記事(しっかりとした記事ね)ペースで、ブログを運営するのは相当ハードです。

僕の経験上最初の3日で挫折する人が90%。1ヶ月以内で挫折してしまう人が99%、半年続けられる人は0,05%もいないと思ってます。

まあそんなことを言っていても仕方ないので実際に500記事を達成した人とかはこういう風に言ってたりします。

500記事は1つの節目である

たとえばこの方の500記事と10万PV達成の記事。

凡人でも500記事くらいババーっと書けば10万PVは行きますよ。

見事に500記事をアップロードし月間PV数を10万まで伸ばすことができたそうです。

こちらの自分を変えるブログは現在644記事です。

ちなみに皆さんが今閲覧しているこちらの「自分を変えるブログ」は現在644記事です。

本当にアクセスというのは不思議なもので、月間のPV数は13万〜15万PVを推移しています。夏系のネタをいっぱい書いているので春から夏になると月間のPV数は20万を超えます。

顔も出していないしバズってもいないこのブログでです。逆をいえばそれだけまだ伸びしろがあるってことです。

僕は当初1万7000記事を作ろうとしていました。

これはアフィリエイトを始めた時に最初に自分で設定した数字なのですが、当初は「1日1円稼いでくれるページを1万7000ページ作ろう」と考えて始めました。

商品紹介にしろ、レポートにしろ、1日1円稼いでくれるページを1万7000ページ持っていたら、単純に計算して最低でも1日1万7000円稼げるということになりますからね。月間にすると約50万円です。

アフィリエイトを最初やり始めてそれで生計を立てようとした時に周りから結構批判されましたが、ちゃんと結果出していましますし、アフィリエイトって本当にすごいものだと思ってます。

たしかに運営してて思うようにアクセスが伸びないと挫折してしまいがち

少しそれてしまったので話を戻します。しかし挫折してしまう人の気持ちがわからんでもないです。

だから少しだけ年間で500記事を書くために心強いマインドになってくれる考え方とやり方を紹介しておきます。

書きたい時に書きたいだけ書けばいい

まずはやはりこれです。

アフィリエイトでまとまった報酬を稼ごうと思い「年間500記事だねわかったー!」なんて勢いで始めた人は、1日のノルマを設定してドツボにハマります。大体1日2記事って設定しますし。

今日は2記事やった!よし!ってなって、次の日になっていろんな急務が入ったりすると結局次の日になり、また2記事やろうと思っても前日に2記事達成してないのでテンションがあがらなくなり、そのまま書かなくなっていってしまいます。

最初からノルマを設定してしまうと自分で自分の首をしめてしまうことになるので、「書きたい時に書きたいだけ書く!」というぐらいのスタンスで考えるようにすると自然と執筆ができるようになります。

500記事しっかりとした記事を書けたらそれだけの時間ブログの執筆に向き合ったということになるので、その時はまとまった報酬を得られているだけではなく、記事を書くことそのものに抵抗感がなくなっています。

アクセス数を見るのは半年に1回ぐらい

アクセス数を見るのは最初のうちは半年に1回ぐらいにしておいた方がいいです。収益化を考えたブログを初めてやるならもっといえば1年後に1回でもいいぐらいです。

自分が書いた記事がどのようにアクセスを集めたり、今自分のブログにどれぐらいのアクセスがあるのか気になって毎日アクセス解析を見てしまう人が多いのですが、それもやめた方がいいです。

最初の3ヶ月はアクセスなんてそうそうこないですし、自分が書いた記事が認識されてキーワードで拾ってくれるようになるのにはどうしてもタイムラグがあります。

3時間もかけて書いた記事なのに1アクセスも来ていない….」とテンションがさがるきっかけになってしまうだけなので、気になっていてもずっと先に確認するようにするのがコツです。

1記事書き終わってから次の記事を書き始めるまでの時間は5秒

これもアフィリエイトの記事作成に慣れてくるとできるようになってくるのですが、ブログ記事の連続作成に慣れていない初心者は大体記事を1つアップするとそれを読み返したり、眺めたりしてしまいます。

誤字や脱字などは無いにこしたことはありませんが、そんな見返しに時間を使うぐらいであれば次の記事を書き始めるようにします。

記事を書き終わってから次の記事を書き始めるまでの時間が初心者は本当に長いです。5秒以内と決めて意識するようにしてください。僕は読み込みの時間の5秒ぐらいです。

基本は100点の記事じゃなくていい

記事は1度書いたらそれで終わりというわけではありません。そのページは生きていて常にWEB上に存在し続けてくれます。ここが一度発信したら書き直せない雑誌などの記事とは大きく違うところなんですが、だからこそ記事は未完成のままでも問題ありませんし、情報自体が間違ってなければ間違ってなければいいです。

100点の記事なんてのを作るのを初っ端からできるはずないですし、100点の記事を作ろうとするとものすごく時間がかかって非効率です。

ひとまず記事をたくさん書いて1ヶ月後ぐらいにアクセスを見てみてどんな記事がアクセスがあるのか、どんなキーワードできているのかをチェック。その後必要であれば加筆していく。

ページを公開しながら完成に近づけていけばいいんです。

その過程にグっとくる読者もきっといますし、加筆していくことでより良い情報を発信することができるようになります。

アフィリエイトについてのほかの記事がこちら

これからのアフィリエイトはジャンル特化が飛び抜けそう 普通のブログと特化サイトとの違い

2017.01.09

誰でもできることを誰もできないぐらいやれば良い アフィリエイトの基本中の基本 稼ぎ方

2016.06.29

アフィリエイトは1日何文字書けばいいのか?何記事更新すればいいのか?

2016.06.04

だからとりあえず諦めずに強引でもいいから年間で500記事を達成してみてほしい

ということで今回はアフィリエイトの報酬を考えた時にどれくらいの記事更新が必要なのかについて書かせていただきましたが、とりあえずは年間500記事を目標に突き進んでみてほしいです。

別に半年で500記事を達成してもいいですし、3ヶ月で500記事を達成しても問題ありません。それだけ記事を書いたり文章を考えたりしたことに時間を費やしたということですから、無駄になることは絶対ありません。これからアフィリエイトをやられる方など、ぜひ実践してみていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー