DJI Osmo Mobileで撮影した動画をiPhoneに保存できない場合の対処法

こんにちは。絶賛DJI Osmo Mobile使いまくってます。

プライベートのバッグもDJI Osmo Mobileが入る大きさのものにして、事あるごとに撮影していてその動画もアップしていっているのですが、こんな質問をもらうことがあります。

DJI Osmo Mobileで撮影した動画がiPhoneに保存できないけどどうしてる?

という質問です。今回はこれの対処法を書いておきます。

iPhoneのデフォルトのカメラアプリを使うと解決する

実はこの現象…なんで起きるかというと、「DJI GO」という専用のアプリを使っているからなんです。

DJI Osmo Mobileを購入して説明書通りに進めていくと「DJI GO」というカメラアプリを使う流れに必ずなると思うのですが、このアプリは一旦アプリのデータベースの中に撮影データが格納されて、後ほどそこからiPhoneへ保存する撮影データを選ぶという保存方法なのです。

カメラ側の容量がいっぱいになって撮影したものが保存できなかったりするのを対策するためや、いろんな目的があってこのアプリが推奨されているのですが、一発で手軽に解決できちゃうのがこの方法です。

ってかiPhoneのデフォルトカメラの方が使いやすいぞ!

はっきり言おう!

僕はDJI Osmo Mobileをここ最近使いまくっているけど、親指のボタンで録画のオンとオフも切り替えができるし保存系のモヤモヤもなくなったし、使いやすいしよっぽどやり込んだ撮影方法をやらないのならデフォルトのカメラアプリの方が良いです。

DJI GOのカメラアプリだと自動追尾モードやタイムラプスの自動首振り機能がありますが、普通に手持ちで撮影する分にはそんな機能を素人が使うことなんてないから。手順としては….

iPhoneを起動しBluetoothをオンにする(予めDJI Osmo Mobileとベアリングが必要)
iPhoneのデフォルトカメラを起動
DJI Osmo Mobileを起動し水平にする
持ち手の親指で黒色のボタンを押して録画開始

この手順でいけちゃいます。

僕も当初は「DJI GO」というDJIのカメラアプリを使っていましたが、撮影したデータをiPhoneに保存するかどうかを選んで保存しないといけない手間が発生するので、結果純正のカメラアプリばっかり使うようになりました。

「DJI GO」のカメラアプリを使っていると絶対誰しも一回は「あれ?撮影したのにiPhoneに保存されてねー」なんてことになりますからね。
それにDJIGOと純正のカメラアプリを両方使ってみてわかったのですが、純正のカメラアプリの方がiPhoneのバッテリーの持ちが長いということもわかりました。

DJI Osmo Mobileで撮影したんだけどiPhoneに保存できない!とか保存されていない。という悩みをお持ちの方は、ぜひ純正のカメラアプリを試してみては!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー