iPhone7で夜景や夜の街並みを撮影すると光のライン(ゴースト)が入る現象が起きるけどこれって不具合?

こんにちは、サブです。

先日からiPhone7で何かと撮影やら仕事で使いまくっているのですが、最近夜の街並みや夜景などを撮影していると画角の中にちょっとした光のラインや線が入っているのに気づきました。

最初は、レンズの中に傷でも?っと思ったのですが場所は固定されていないですし、アングルを変えるとそれらの光の線とかは移動してくれるので傷じゃないということがわかったのですが、調べてみるとゴーストの一種だということがわかりました。

レンズに変な光みたいなものが入るのはゴーストと呼ばれる現象らしい

ゴーストとは、強い光の影響で写真がぼやっと白くなってしまったり、光の玉が出現してしまう現象です。

いい写真が撮れたと思っても、フレアやゴーストで台無し、がっかりということもしばしばあるかと思います。

強い光の影響で写真がぼやっと白くなることを「フレア」とか「ハレーション」と呼びます(厳密には二つは違うようですが)。さらに光の玉が幾何学的な模様で現れるのが「ゴースト」と呼ばれます。

ゴーストとはこういった定義があるようです。

僕のiPhone7は光の玉が出現するよりもアングルの下部にラインのようなものが入るので、カテゴリとしては「フレアゴースト」と呼ばれる現象の一つです。

iPhone5で撮影しまくってた時はこういった現象は一切でなかったので、おそらくレンズの性能が良くなったり、より広角になったことで、光を多く取り込んでしまいそれによって、ゴーストのような現象が起きてしまっているみたいです。

夜景や街灯がついているところを動画モードや画像モードで撮影すると起こる

ちょっと気になったので、iPhone7をいろんなシュチュエーションで撮影してみましたが、ゴーストが出現するのはある程度条件が揃わないと出ないみたいです。

出現しやすいのは夜景や街灯など、「周りが暗くて撮影アングルの中に一箇所だけ明るいところがある」という条件の時には必ず起こるみたいです。

調べてみると「日中でも出現する」と言われていますが、日中での撮影でこれらゴーストの現象が出たことはありません。

原因はカメラのレンズが高性能になりその中で光が反射しているため

原因はすでに解明されているようで、やはりカメラレンズが高性能になり光の取り込み具合が多くなったため、レンズの中で光が反射してそれが画角の中に取り込まれてしまっているというのが原因のようです。

やはりiPhone7のカメラ性能がすごくなったことによって起きた現象のようで、不具合ではないみたいです。安心です。

光の線などのゴーストが気になる場合はハレ板を使用すると直る

こんな感じのものです。光がレンズに取り込まれている根本的な原因を解決するためにこのようなハレ板を取り付けてあげることによって直ります。

レンズに光が集約されてしまっているのが原因なので、光がレンズに入ってくる元から絶ってあげることによってこのような現象がなくなります。iPhone7はより広角レンズになったので納得です。

もし同じような現象でお悩みの方がいたら参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー