《ネタバレ有り》忍びの国を見てきたから感想を書いておく!口コミや評判など

嵐の大野くんが主演したことで話題になっている忍びの国。

僕の奥さん→大野くんが好き
僕自身→忍者が好き

という感じなので一緒に忍びの国見に行きました。映画館の雰囲気ってなんか楽しいよね!居るだけでなんか癒される。(笑)

若干のネタバレが感想の中に含まれるのでネタバレが嫌な人は記事を見ないようにしてください。

映画の予告編がこちら

映画の予告編ってやっぱり面白い。

忍びの国 感想

思ってた感じの話ではなかった

完全に前イメージない状態で見た映画だったのですが、忍者の力を発揮して戦場で無双しまくる!というような映画を想像していましたが、かなりそれとは違いました。

お金にしか興味のない忍者の話

「忍びの国」という伊賀忍者の土地が舞台になりますが、そこに出てくる忍者はもれなくお金が大好きです。「戦をするならお金くれー!」とか「人が死んでも何にも思わないよ!」とか平気で言っちゃってる忍者集団です。

家族が亡くなっても何も思わないような欲望のままに生きる人たちの話。そこの集団の中で一番強いのが大野くん演じる「無門」という主人公です。

ストーリーが進むにつれて少しずつ人間らしい心を取り戻していくというところも映画の一つのみどころかと思います。

話を複雑にしすぎているので余計な話が多い

映画は全体的にアクションもかっこいいし、主人公も強いのでとても面白いのですが、話を複雑にしすぎているのがちょっと残念な感じでした。

「織田軍VS忍びの国」という図式で戦がおこなわれるのですが、戦に至るまでに無駄なものが多くそこらへんがごちゃとしている印象が強いです。

織田信長から忍びの国の忍者集団は攻めるな!と書いてあるけど、それは織田信長が実は逆のことを言っているんだ!とかわけもわからないシーンとか、敵の幹部が「俺は戦に行かない!」とか言うくだりとかは完全にいらなかった。

忍者通しの結束がない忍びの国に、織田軍が織田軍が攻めてきて押されるけど、最後は忍者が結束というものを理解して織田軍に勝利する。そしてそれを教えてくれたのがお国「石原さとみ」というシンプルな話の方がまとまっていたと思います。

原作があるものなので、原作者がおそらく「このくだりは入れたい!」とか言ってたんじゃないかと思う。

主役級の人が多いので誰に感情移入すればいいのかわからない

最近の映画全般に言えることですが、とにかく主役級のキャスティングが多いです。「え?結局誰を引き立たせたいの?」という印象。大野君の活躍のシーンをもっと入れてあげて、脇役で固めちゃった方がもっと主人公ファーストになります。

敵将たちが演技派すぎて、途中から大膳(敵将の部隊長)頑張れ!ってなっちゃいました!だって忍びの国の忍者たちが全員いつまでもクズばかりなんだもんw

忍びの国の吹き矢の人がいい味出しすぎている

大野君の近くにいつもいる忍びの国の吹き矢担当の人がかなりいい味だしていてきっと好きになります。彼が主人公のスピンオフとか出たらちょっと見たいかも?と思うほど。

この映画は脇役の存在感がとにかくすごい!

元弾丸ジャッキーのオラキヨ出るよ!

元弾丸ジャッキーのオラキヨが出てたのが笑った!役作りのためにちょっと痩せたのかな?忍者っぽくなっていたし得意のバク宙もシーンに入っていたのでそこは印象的。

ツイッターではどのような感想があるのか?

ネット上では結構評判が良い見たい。結論見に行く価値ありの映画だね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。