《冬春》バイクに乗る時のために女性用の人気レディース手袋を紹介!

最近は女性でもバイクに乗られる方が本当に増えてきましたね。 女性の体格でも扱うことができるサイズのバイクやデザイン性に富んだおしゃれなバイクなどが販売されてきたからだと思います。 そこで、風をもろに受けてしまうバイクに乗るときに必ず準備しておきたいのが手袋です。 特に冬の寒い時期には冷気に近い風が手にあたってしまうので寒くてやってられません。 レディースの手袋によっていろんな特徴を持ったものがあるのでいろいろな商品を見ていきましょう!

とにかく暖かいバイクに最適なレディース手袋

こちらは価格の割にがっちりと丈夫に作られている手袋で防風加工もされているので、バイクでスピードを出している時でも手袋の中に風が入ってくることもなく暖かく過ごせます。 また、それでいて薄手の生地で作られているのでクラッチ操作やロードバイクの時などはギア操作が容易にできるようになっています。 急な雨が降っても雨自体の侵入を許さないので快適度は本当にすごい手袋です。

内臓のヒーターが入っているバイクに最適なレディース手袋

こちらは手袋の中に簡易的なヒーターが入っているレディース手袋です。 充電式でバイクなどに乗る時、寒い外に出かける時にとにかく暖かく過ごしたい!という女性におすすめの手袋です。 ヒーターが入っているので、手を入れた瞬間から暖かいですし防風加工もされているので風がふいても手がかじかむこともありません。 最近は末端冷え性という症状もあるぐらいなので、冷え性予防の手袋としても使えそうですね!

パールイズミのバイク用のレディース手袋

0度でも快適にバイクを楽しむことができるレディースの手袋です。 保温性と発熱性に優れていて、使っているとどんどんと暖かくなっていき快適です。 また、ロードバイク用の手袋なのでギアチェンジも難なくできるように手先がしっかり動くようにとも設計されています。 冬でもバイクに乗れる地域の温度なら問題のないレディース手袋といえるでしょう。

価格も安いバイクに最適なレディース手袋

防風・透湿素材ウインドストッパーファブリクスを使用したレディース手袋です。 バイク用のグローブを用意しようとすると、どうしても予算が跳ね上がってしまって自分の好きなものを買えない。なんて経験されたことはありませんか? そんな悩みを払拭してくれるのがこのレディース手袋で、価格もリーズナブルに設計されています。 機能性抜群で価格も安くおすすめです。

スポーツフルブランドのバイクに最適なレディース手袋

もともとスキーやスノーボードのブランドとして確立されたブランドのレディース手袋です。 冬季の寒さ、雪が降る地域でも快適に使えるような設計をされている手袋なので保温性など暖かさは抜群です。 防風や防水加工ももちろんされているので、冬の急な雪などにも対応することができます。 週末にツーリングされる予定の方はぜひ準備しておきましょう!

バイクに最適なナイロンのレディース手袋

アメリカ発祥のブランドでスポーティーなデザインが特徴的なレディース手袋です。 スポーツ科学に基づいて作られて手先も動かしやすく、人気でおしゃれな国旗のデザインが手の甲に大きくあるのでツーリングをしていても楽しくなりそうです。 人差し指と中指の部分には、グリップもついているのでクラッチ操作などもしやすくバイクに最適です。

おしゃれな色を楽しめるバイク用のレディース手袋

バイクと聞くと大きいものを想像されると思いますが、こちらはスクーターなどのバイクに最適なレディース手袋です。 スクーターなどの原付に乗る時はスピードの調整も必要になるので、あまり手袋が厚いと調整が難しくなってしまうので、このように薄手の手袋の方が操作しやすいです。 この商品は薄手の手袋でありながら防風効果もあり手元が寒くなりません。 もしそれでもどうしても寒くなってしまった場合は上に厚手の手袋を着用することもできるので問題ありません。

組み合わせて使うアームウォーマータイプのレディース手袋

こちらは寒い時期に使うレディース手袋ではありますが、単体で使うものではありません。 手のひらから腕の部分まで暖かく覆ってくれるタイプの手袋なので指先は露出した状態になり、このままバイクに乗るととんでもなく寒いです。 このアームウォーマーを着用した上から手袋を着用するようにすると暖かく快適なツーリングを楽しむことができると思います。 デザインもおしゃれなので普段使いもできる汎用性のあるレディース手袋だと思います。

おしゃれさも忘れないレディースの手袋

バイク用のレディース手袋の購入を考えるとどうしても手先の寒さからデザイン性を差し置いてしまいますが、防風などの機能性をもたせたままデザインにも力を入れられたレディース手袋がこちらです。 タイト目な手袋なので手先の感覚も伝わりやすく、細かなギア操作なども難なくすることもできます。 気温的には10度以上から使うことができる手袋で、真冬にこの手袋単体でバイクに乗るのは少しきつめです。 もし気温的にどうしても厳しかったらこの手袋の上から厚手のものを着用するようにするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか!? ロードバイクに原付に、400ccを超えるバイクなどなど。本当にバイクに乗る女性が増えましたよね。 外を走っていると本当に楽しいのですが、手元が寒さでかじかんでしまうと本当につらいです。 楽しいツーリングを楽しむためにも手袋は忘れずに準備しておきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー