アフィリエイターという職業を選んだ理由とかプロフィール

はじめまして、自分を変えるブログを書いているサブです。

いつも「管理人です」っと名乗っていたのですが、これを機にペンネームでもつけようと思ったので自分が飼っている犬の名前からサブとしました。

サイトのテーマを変えたことをきっかけに少しだけ自分のプロフィール的なことでも書いておこうと思います。

毎日多くの人に僕の書いた記事を読んでもらっているのですが、どういう考えでどういう経緯でどんなことを考えながら記事を執筆しているのかということも分かった方が、より楽しく記事を見てもらえると思ったからです。

このページは気がむいた時にでも少しずつ更新していこうと思っています。

先ずはプロフィールから

まずはプロフィールから紹介させていただきます。

僕が好きなものやハマっているものなどなど、共感できる部分やできない部分など感じながら拝見していただけると嬉しいです。

出身地

岐阜県岐阜市出身です。

自分の窓から景色を見渡すと山と田んぼばかりあるところで育ちました。18歳で実家を出てそっから今の奥さんと暮らし始めるまで1人暮らし。

今の在住は名古屋ですが、これから住む地域は奥さんと相談して決めていこうと思っていましたが、最近名古屋に一軒家買いました!言ってしまえばアフィリエイト御殿というやつですw

ただ沖縄に別荘は購入する予定です。記事書き人として頑張って楽しみながら生きて、悔いのない人生を過ごしていきたい。

厳格な父、優しい母、怖い兄貴に可愛い妹、祖父、祖母、というサザエさん一家のような家で育ちました。昔から型にはまるのは嫌いだったらしく、人とちょっと違う視点から物事を見ていた子供だったそうです。

使っている機材

  • パソコン → MacBook Air 11インチ
  • カメラ → iPhone7のカメラかCanon EOS 80D
  • DJI Osmo Mobile スタビライザー
  • カメラ三脚 カメラスライダー
  • アクションカメラ→ELE EXPLORER

どれも使い心地に満足しています。

企業としてやるにはもっと高い機材を揃えないといけないので、徐々に高い機材にしていこうと思います。

しかし使い心地には結構満足していますし十分だと感じるほどです。

職業はアフィリエイター兼フリーライター

職業はアフィリエイターというものをやっています。あまり知られていない職業ですが、簡単にいえばユーチューバーのWEBサイト版みたいに考えていただくとわかりやすいと思います。

アフィリエイトの収益を主軸に2016年から会社を立ち上げ、様々なWEBサービスを提供しております。フリーライターとしても活動しているので、取材に行ったりインタビューしたりして記事にしたりもしています。

もともと物書きになるのが夢でしたのでほぼ夢を叶えている仕事です。

ロードバイクが好き 名古屋で走っているので誰か一緒に走りましょう!

昨年の夏ごろからロードバイクを趣味で乗っています。愛車はジャイアントのDEFY4というエントリーモデルです。まだまだロードバイク初心者です。

バリバリロードバイクに乗っている人から見ればまだまだひよっこ程度ですが、このDEFY4で10万キロ走破を当面の目標にして頑張っています。月間走行距離の目標は1000kmです。トレーニングがてら夜に名古屋をロードバイクで走っていることが多いです。

もし東海あたりでロードバイクに乗っている人で一緒に走ってくれる人がいる場合は一緒に走りに行きましょう!

最近はシーバスフィッシングにもはまっています

記事でも紹介させていただいておりますが、最近はシーズンでもあるのでふらっとシーバスを釣りに海に出かけることがよくあります。

シンプルな仕掛けに自分が選んだルアーをつけて海を泳がせ魚を捕まる。このアクティブ感がたまらないのともともと内陸で育っているので海を見るのが単純に好き!というのも理由の一つとしてあります。

よく飛島や名古屋港に伊勢湾、日間島(行きたい)などでシーバスフィッシングをしているので、もしシーバスフィッシングを一緒に楽しんでくれる方や船に乗せてくれる方がいらっしゃったらぜひ連れていってください!行きたいです!

ジャグリングが好き!

一時期大道芸人を目指していたことがあるので、ジャグリングをすることができます。今でも自宅の手を伸ばして取れるぐらいのところに、プロが使うジャグリングボールが置いてあり気分転換に投げてます。

規則的な動きをするボールの動きを目で追いかけるのも好きですし、何も考えずにボールを投げている感覚に快感を覚えているのかもしれません。ちょっとした余興や飲み会の席で物を使ってジャグリングしたりすると意外性の高さから結構ウケます。

海外ではジャグリングできる人が多いのですが、日本はジャグリングできる人が少ないからなんです。

ワークアウト(筋トレ)して太りたくない!

健全な精神は健全な肉体から来ると言われていますが、30歳を超えてくると体調管理にもしっかりと気を使わないといけません。

せっかくお金を稼いだとしても、健康な肉体が無ければ楽しむことができないと思いますし、適度に体を動かすことは将来の健康にもつながりますし、健康でいることが家族や周りの人を幸せにする材料の一つであると思っています。

その流れからなのかもしれませんが、お酒もまったく飲みませんしタバコも吸いません。ジュースなどの砂糖が大量に入ったものなども飲まず、ほとんどお茶か水だけです。

まだ仕事の立ち上がり時期なのでなかなか最近はトレーニングできていませんが、落ち着いてきたらどんどん筋肉を追いこんでマッチョを目指していこうと思います。東海でワークアウトをやられている方はこちらもぜひ一緒に楽しみましょう!どんどん誘ってください。

アフィリエイターを選んだ理由

どんな仕事をしているの?っと聞かれて「アフィリエイターだよ!」と言うと、だいたいの人が「なにそれ?」って言います。自分の親でさえ「あんた何の仕事しているの?」と実家に帰った時に聞かれるので同じ回答を数十回はしています。

それだけまだ認知されていない職業なんだなとその都度思いますが、知られていないだけでアフィリエイターという職業は、実は今の日本でこれ以上ないほど最高の職業だと思っています。

アフィリエイトのサイトやブログは全部資産になるから

参入障壁が他のどの業界に比べても低いアフィリエイトは、多くの人が参入するのですが、一般的に言われているのが参入者の95%が月間5000円を稼げていないという説です。

これに関しては僕も初めて無料ブログでアフィリエイトをやってみて、アクセスの集め方や広告に興味を持ってくれるようになるまで最初はとても苦労しましたので、とてもよくわかります。初めて1ヶ月目の報酬が150円でしたしね。

っとはいっても難しいのは当たり前です。

なぜならアフィリエイトで構築したサイトやブログの記事というのは、すべてその後自分の人生において資産となり自分が動かなくても収益をあげ続けてくれるといった大きなメリットがあるからです。

だからこそ、僕はアフィリエイトに魅力を感じますしとてつもない可能性も感じていますし、専業になってからもこんなにも奥が深かったのか…とちょうど驚いているところです。まさに底なし。最高の魅力の一つだと思います。

圧倒的に時間が自由!

アフィリエイターになって一番良かったと思える瞬間がこれです。

僕はもともと朝が起きられない人だったので、毎朝決まった時間に会社に行くのが大っ嫌いでした。取引先やお客様などの関係性があるのでしょうがないとはわかっていてもやはり嫌なものは嫌です。

その点アフィリエイターというのは自分の好きな時間に起きることができますし、取引先云々とか嫌な上司とか顧客云々関係ないですので、常に自分のペースで仕事を進めていくことができます。

休みたい時は休めばいいですし、やりたい時はとことんやっちゃえばいいです。

もちろんその反面監視してくれる人がいないので、自分でやる!といったやる気を起こさせるセルフマネジメントが必要になりますが。それを考えたとしてもこの魅力はでかいです。

好きな時間に起きて好きな時間に寝られる

これもアフィリエイターという職業のいいところですよね。

会社を運営していますが、会社に出勤するわけではないので自分の好きな時間に起きることができますし目覚まし時計もかけません。もともと朝がかなり弱いのでこれは本当にありがたいです。

っとはいっても最近は取材やインタビューなどで出張をすることが増えてきたので、それらに赴く時は目覚まし時計をかけて寝ますw

しかし、いつでも寝られるし自分のペースで休憩することも仕事を頑張ることができるのはとても良いことです。

アフィリエイトの手法について

SEOアフィリエイトが得意

アフィリエイトの手法にも様々なものがありますが、基本的にはSEOアフィリエイトが一番得意です。

常に新規のユーザーを集めることができますし自分の性格に合っているということも理由の1つです。

結構批判されますが、「ブランディングって何?」「SNS?」「バズる?」それって面倒くさくない?って思ってます。

いつも検索エンジンからサイトにお越しいただいている方ありがとうございます。

免責事項について

自分を変えるブログはGoogle AdSenseを利用規約に準じて利用しています。

また、楽天アフィリエイト、A8、アマゾンアソシエイトプログラムを利用した広告リンクを利用しておりますが、あくまでも主観での商品紹介をおこなっており、絶対的な情報ではございません。

購入した商品への問い合わせなどは、販売元へお問い合わせいただきますようお願いいたします。