仮想通貨を受け入れられないおじさんたちが何か言ってる(笑)

サブ
こんな知らない人たちだけの対談を記事にしちゃうからメディアの価値がさがるんですよ

こんにちは!サブです!

地味に仮想通貨界隈の人たちの中で一つの記事が初笑いだと言われています。

仮想通貨そのものを理解している人からしたら、この記事が笑いどころ満載なのがとてもよくわかるはずです。

少し抜粋

仮想通貨の値動きを見ていると、バブルを久しぶりに見た思いがします。だから(ビットコインなども)いずれは暴落して10分の1くらいになるでしょうね。

仮想通貨も含めて、通貨の反対側には必ず貨幣があるはずです。つまり、どういう貨幣と替えていくかということですね。しかし、どんな貨幣と替えるにしても、さすがに短期間に10倍になる、などというのは合理性がありません。合理性がないという狂乱の市場こそがバブルの定義ですが、「いずれ暴落する」というのはそういうことです。

経済のプロと呼ばれる方達がこんな話ししちゃってます。

通貨の反対側には必ず貨幣がある」そもそもここの考え方が違います。きっと仮想通貨のことを何も知らないんでしょう。僕はビットコインが10分の1の価格になったら速攻で買い増ししますけどねw

ライターの人が綺麗に文章をまとめているから文章を見るとそれっぽく見えるかもしれませんが、言ってることはふわふわしています。若い頃に味わったバブルの感覚が忘れられないんでしょうね。

今までこういうメディアの記事を信用していた自分が恥ずかしい

無知は罪」という言葉がありますが、もしこの記事を仮想通貨の仕組みを知らない人が読んだらきっとこう思うはずです。

「仮想通貨って10分の1の価格になっちゃうんだ。怖い」「日本円の方が安心!」「やっぱり今はただのバブルなのね」などなど。ネガティブな考えを抱いてしまいます。

そもそも「あなたのいつも近くにいる人のうち何人が仮想通貨やってます?

そのやってない人たちが仮想通貨を保有し始めたとしたら?保有するだけでなく決済で使い始めたら?想像するだけで今の価格より上がるのか、それとも下落するのか誰だって予想することができるでしょう。

こういう記事を見ると通貨の変化を受け入れられないおじさんたちが日本円の価値をあげようと仮想通貨のことをただなんとなくディスっているようにしか感じない。変化を受け入れるのか?あなたはどうしますか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。