《仮想通貨》リスクを一部売却し、ファクトムとネムを分散投資で購入しました。

サブ
リスクが高騰したので余剰分をネムとファクトムへ

こんにちは!サブです!

先日僕が保有してた「LISK/リスク」が高騰してくれました。( ´ ▽ ` )

《仮想通貨》リスクとビットコインを5万円ずつ買った現在の結果…。

2017年11月16日

こちらにも書いておきました。

リスクが上がりきるまで待っていて、昨日値動きが落ち着いた感じだったのでリスク高騰によって発生した余剰分の含み益を一部売却し、そのまま分散投資をおこないました。今回はその記事です。

5万円で購入したリスクは結果2万円〜3万円の含み益

常に値動きがあるので幅がありますが結果2万円〜3万円ほどの含み益がリスクだけで発生してくれました。

そのまま全額リスクを持っていてもいいなと思ったのですが、一旦ここで落ち着くと思ったのでこのまま最初に投資した5万円分を残し、25,000円ほどの利益分を売却しそのお金でこれからあがりそうなファクトムとネムを購入しました。

っで結果、こうなってます!

リスクは高騰してくれたので、初期投資の金額はそのまま残し余剰分でアルトコインでまだ値段がそこまであがりきっていない「ファクトム/FCT」と「ネム/XEM」を10,000円ずつ購入しました。

10,000円と低投資ですが、ファクトムは「1コイン=2,200」をうろうろしており、ネムにいたっては「1コイン=22円」ぐらいをうろうろしている将来性抜群のアルトコインです。低投資ではありますが年始あたりに大きく高騰してくれるんじゃないだろうかと思っています。

1円の値動きのパーセントがでかい

ネムにいたってはまだ仮想通貨の値段が「1コイン=22円」と安く、まだ始まったばかりの仮想通貨です。

2円〜3円あがるだけでも全体的なパーセントで見れば「10%〜15%」ぐらいの値動きがあるという特性を持っています。当然逆のパターンもありますが….。

一気に大きな高騰というのはまだまだ先だと思いますが、ネムに関してはこれから徐々に高騰していってくれるだろうと思います。

ファクトム/FCTは鉄板

ファクトムもまだまだマイナーな仮想通貨ですが将来性は抜群です。

あの与沢翼もファクトムにはいち早く目をつけていて、高額投資をおこなっています。中長期的に見ても期待が持てる仮想通貨だといえます。

コインチェックの手数料があまりかからなかったのはなんでだろう?

今回アルトコインの買い増しをする時にリスクの売却とアルトコインの買いをおこなったのですが、手数料があまりとられませんでした。

以前の記事で手数料云々のことを書いておきましたが、ちょっと安くなったのかな?リスクの高騰分をそのままの資金で移すことができました。

ますます初心者向きの取引所になりました→「コインチェック

いずれにしてもファクトムとネムはこれからとても期待値が高いアルトコインなのでいまのうちに保有しておくのが得策でしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。