フリーランスなら会社へ訪問する時くらい差し入れを持っていきなさい。簡単なものでいいから。

サブ
企業さんの事務所にお邪魔させてもらう時は必ず社員さんへの差し入れを持っていきます。

こんにちは!サブです!

サラリーマンやってる時はお歳暮やお中元とか別にそんな風習なんて無くていいだろ!っとか思ってましたが、いざ事業主になってみると「いつも世話になっています!ありがとうございます!」の気持ちを相手に伝えることって大切なんだということに気づきます。

家で一人で仕事をしているので、僕が思っている以上に僕の考えていることが伝わっていないからです。全国のフリーランスたちよ、会社へ訪問する時くらいは何か持っていきなさい。

差し入れは会社に対して応援の一つでもある

もしあなたがフリーランスで、もし特定の会社から仕事をもらっているのであれば「心の底からその会社の成功を願うべき」です。営業マンならお客さんの成功を願うべきです。

それはその会社の成功が自分の成功へとつながるからです。日々仕事をもらっている感謝の気持ちを忘れないことも大切ですが、その会社が成功すれば必然的に取引している自分にも仕事が回ってくるきっかけに一つになります。

会社が大きくなる過程には必ずフリーランスたちの力が必要なんです。差し入れ自体は些細なものかもしれませんが事務所にいる社員さんたちがその小分けされたお菓子やドリンクで仕事を頑張れる活力にもなるかもしれません。

自分の存在をアピールすることもできる

企業は常にいろんな悩みを抱えています。

その悩みを解決しようとした時に相談相手として誰を思い浮かべるのか?そこに自分が候補としてあがっているのか?日頃から感謝の気持ちを伝えておくことによって、相談相手として選んでもらいやすくなります。

仕事をもらってばかりではなく、お返しという考え方も現代のフリーランスたちは身につけるといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。