新しい資産運用「クラウドバンク」始めました。

こんにちは!サブです!

これまで「株・FX・仮想通貨・投資信託」といろんな資産運用の方法を記事に書いてきましたが、大切なのは時代にあった資産運用を活用することだと思ってます。

ただ、僕が資産運用で大事にしているのが「手離れがいいかどうか?」です。上記にあげた株やFX(※最近はロボアドバイザーありますが….。)仮想通貨に関しては、どうしても高騰&下落が続いちゃうのでその都度買い直したり、売却したりしないかんので楽しいんですけどめんどくさいんですよね。

その分大きく稼げる可能性を秘めてますが、その逆も然りで大きくマイナスになる可能性も秘めています。

そんな僕のニーズを叶えてくれそうだったのが「クラウドバンク」です。どちらかというと投資信託に近いですが運用の手離れの良さが最高です。今後はこの「クラウドバンク」を推し進めていこうと思っているので記事で紹介しておきます。

あ、仮想通貨は今安いので買い増してますよ!年末にまたあがりますからねw

クラウドバンクって何?

個人が企業に貸付できる時代

クラウドバンクは簡単に言えば「貸付・融資」です。株やFX・仮想通貨と違って何か銘柄を買って、その銘柄が上がったり下がったりする幅で稼ぐ仕組みではありません。

自分の手持ちのお金を企業や団体に貸し出すという仕組みで、一人一人からの投資額は大したことなくても、それが集約されることによって大きな金額となり、企業はそのお金を元手に事業を発展させていくことができるというわけです。

当然貸付るわけですからその配当として利率分が還元されるという仕組みになってます。

そうです、今まで銀行が企業に対して貸付をおこなっていましたがそれを多くの個人が集まってやる!という手法です。ますます銀行がいらなくなる時代がやってくる….w

クラウドファンディングに似てるけど違う

形態としてはクラウドファンディングに似てます。

クラウドファンディングは投資先が個人なのとそのリターンがサービスや付加価値ですが、クラウドバンクの場合は投資額に対しての利率が配当金として受け取れるのが特徴です。

つまり、クラウドバンクはお金を借りたい企業と、少額だけどお金貸してもいいよ!という個人を繋ぐパイプ的な役割を担ってくれるサービスというわけです。

今まで大口の案件(※リゾート開発するぜ!みたいな…)に個人が投資をするのは、かなりの資本を持ってないとできなかったんですが、クラウドバンクのようなサービスができたおかげで、僕のような一般ピーポーも面白い投資商品に携われるようになりました。

利回りは案件ごとによって異なりますのでその辺は選定が必要ですが、一度貸付ちゃえば特に売買とかもしなくていいので手間もなく最高です。

とりあえず100万円からやってみます

とりあえず100万円ぐらいからクラウドバンクで運用です。

この手のサービスはこれまでも何個かあったんですが、今後普及してくるサービスだし利回りも良いし、資産運用の方法としては完全初心者向けですね。

投資信託も良かったんですが、そっちは妻がやり込んでくれそうなのであえて別口としてこっちを選びました。銀行に100万眠らせてても利息は1円ぐらいしかつきませんよ?w

僕の体感的には…

ミドルリスク、ミドルリターン
FX ハイリスク、ハイリターン
仮想通貨 問答無用でハイリスク、ハイリターン
投資信託 ローリスク、ローリターン時々ミドルリターン
クラウドバンク ローリスク、ローリターン

って感じですね。

クラウドバンクでの運用実績はこちらで紹介していこうと思っているので、興味がある人はぜひチェックしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。