仮想通貨の原資分を売って、クラウドバンクで運用を始めることにしました。

こんにちは!サブです!

最近国が「年金はあまりアテにしないで、資産運用してくれ」と言っちゃって話題になったりしましたが、中長期的なライフプランを考える上で資産運用は必要不可欠です。

バブル時代はとりあえず銀行の定期預金に入れておけばいいんじゃね?みたいなシンプルな考え方で良かったんですが、今や銀行の利率は脅威の「0.002%」とか。とてもじゃないけど銀行にお金を預けるメリットが見当たりません(※資産運用の観点のみ)

今は仮想通貨に株にFXの自動売買とかクラウドバンクとかいろいろ模索してますが、やはり相変わらずクラウドバンクが好調。

今回は2019年6月のクラウドバンクの収支報告です。

相変わらず絶好調のクラウドバンク

っで、結果からです。

2019年6月の分配金は「3,328円」利率は7.68%でした。やっぱすげーわ、クラウドバンク。

これでクラウドバンクでの今年の収益は「17,531円」となりました。

 

FXの自動売買とか、仮想通貨が高騰したりした時の派手さはありませんが、これだけ手堅く堅実にこの高利率を叩き出してくれるのは魅力的です。

それに仮想通貨の極端に上がったり下がったりでの精神的負担も無いわけですから、精神衛生上も良いです。僕のように石橋を叩いて渡りたいタイプや、普段サラリーマンやっててトレード作業がめんどくさいという人向けです。

バブル期の定期預金レベルらしい

バブル期はまだ生まれてなかったのでわかりませんが、この利率を調べてみるとバブル期の銀行定期預金と同程度かそれ以上の利率のようです。

きっと今銀行預金に絶大な信頼を置いてるご高齢の方は、こういう利率を経験してるからなんでしょう。

もし1億を年利3%で借りられたら、その1億をクラウドバンクに突っ込んで運用したいもんです。借り入れする利率より増える利率の方が高ければ問題ないわけですから。

仮想通貨の原資を売却し、クラウドバンクへ

とはいえ、まだクラウドバンクには50万(※初期投資)しか入れてないので、最近やっと戻ってきてくれた仮想通貨の初期投資分を売却して、その分をクラウドバンクに入れることにしました。

すでに売却が完了しているので、あとはクラウドバンクの口座へ移すだけでOKです。そちらはまた記事で報告しようと思います。

そちらと合わせて手持ちから50万、トータルで150万ぐらいクラウドバンクで運用することに決めました。

 

あなたはまだ銀行にお金預けてるだけですか?

お金の価値はどんどん下がっていってしまうので、今の100万が10年後同じ価値とは限りません。

どうせ貯金してるだけならこういう利率で動かしていくことが何より大事だと思います。

「銀行の方が安心だし、怖くてできない…」っとか迷ってる人….そういう人はどうせ一生迷ってます。決める時はさっさと決めるのがおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。