iPhone6sのバッテリーと交換用の工具セット《開封編》

サブ
この記事は開封だけでバッテリー交換まではやってません

こんにちは!サブです!
僕の奥さんiPhone6sを4年ぐらい使ってるんですが、最近ずっとモバイルバッテリーに接続して使ってたんですよね。だから聞いてみたんですよ。

サブ
ねえなんでモバイルバッテリーずっと接続してんの?
奥さん
なんか充電満タンにしてもすぐにバッテリーが減ってきちゃうの….。
サブ
そっそれはかわいそうだ。交換してあげるよ!

ってことでバッテリーを変えてあげることにしました。iPhoneの修理屋さんに持って行ってもいいんですがバッテリーぐらいだったら自分で交換することができるのでとりあえず自分でやっちゃうことにしました。そっちの方が圧倒的に安くできますからね。

実際に交換した時の記事はこちら
iPhone6sのバッテリー交換をしてみたよ!

今回はこちらのiPhone6s工具セット付きにしました

今回購入したのがこちらで、交換用のバッテリーと工具がついて1500円〜1700円ぐらいで購入できます。アップルストアや修理屋さんでやってもらうと1万ぐらいかかっちゃいますからね。こっちの方がお得です。

ちなみに大容量版のバッテリーに交換したい方はこちらもおすすめです。

こっちの大容量版だと2100mAhもあるので初期のiPhoneバッテリーよりもパワフルで長持ちします。最近は初期のバッテリーをあえてこちらに交換される方も多いみたいっすね。

っで早速届きました

こちらが届いた交換用のバッテリーと工具です。意外とコンパクト。

中身はこんな感じになってます

入っているのはこちらの三つでバッテリーの下に貼り付ける両面テープもついているのがポイントです。iPhoneを分解する時には専用の工具セットが必要になるんですが、今回購入したので今後は交換用のバッテリーだけを購入すればバッテリー交換をすることができます。

工具セット持っておくのおすすめですよ〜!

これがiPhoneの工具セット。

こちらが交換用のバッテリーですが正規品ではないため、一度交換するとアップルの保証は受けられなくなります。その点だけ注意が必要です。僕の奥さんはアップルの保証は初っ端から入っていないので関係ありません。

こちらが交換の説明書とバッテリーの下に差し込む両面テープです。こういうバッテリー交換キットはいろんな業者が販売していますが、この両面テープが入ってないことが多いんです。(※無くても一応いけます)

だから個人的にはこの両面テープが付属されているセットを購入するのがおすすめです。心配な方は上記の画像リンクからいけば僕と同じものが購入できますよ。

次回はiPhone6sのバッテリー交換実践記事です

ってことで次回は実際に交換してみようと思います!
無事交換できたら記事にしておきますね〜。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。