ワイ、今さら二郎系ラーメンにハマってしまう(笑)

こんにちは!サブです!

最近地味にハマってるのが二郎系ラーメン。

名古屋駅や栄にある二郎系ラーメンの店構えが妙に興味をそそられるので、タイミング良かった時に一度行ってみたんですが、これが結構美味しいんですよ!

二郎系ラーメンって脂ギッタギタで、味にはそこまでこだわってねーぜ!みたいなイメージが先行しがちですが、実際は違います。(脂は多いけどw)

それではどーぞ!

今回は名古屋駅の立川マシマシへ

到着しました!名古屋駅のちょいはずれにある「立川マシマシ9号店」

結構人気のお店で平日でも常に待ちがあるほど人気のお店です。

店内は狭めでテーブル席が1席あるだけで、あとは全部カウンター。1人か2人、最高でも4人ぐらいまでしかいけないお店です。

結構回転率も早いと思うんですが、それでも行列が長くなっていくので食べるのが楽しみになります。

注文方法が独特でボリュームに注意

二郎系ラーメンで注意が必要なのがラーメンのボリュームです。

食券を購入して定員さんに渡すと「脂の量」「野菜の量」の二つを聞かれます。麺の硬さとかは特に聞かれません。(※立川マシマシの場合)

この脂の量と野菜の量は「少なめ・普通・マシ・マシマシ」の4段階で選ぶことができるんですが「普通」でも結構なボリュームで、マシマシとかにしちゃった場合食べられる気が起きないほどのボリュームになります。

そして、この野菜と脂の量はどれを選んでも値段が一緒ってのも嬉しいポイント。ま、でも食べきれないのでだいたいみんな少なめか普通になりますね。

立川マシマシはラーメンの量も注意

そしてメインのラーメンも量に注意が必要です。

ラーメンの量は食券を購入する時「ミニ・小・中・大」と選べるんですが、中でもまあまあのボリュームです。

僕はまだ初心者だったので、小ラーメンの野菜・脂普通を選択しましたがそれでもいい感じのボリューム。

小ラーメンの野菜・脂普通がこれ

高さがわかりにくい写真ですいません。汗

わかりにくいですがこれで一般成人男性が普通に満足できちゃうぐらいのボリュームです。

 

でも僕は思うわけです。

最近おしゃれなラーメン屋さん増えましたが、どこに行ってもラーメン一杯じゃ満腹にならないんですよね。だからサイドメニューでチャーハンとか唐揚げとか頼むことになるんですが、こういう感じでガッツリラーメンだけ食べられればそれに越したことありません。

これこそ二郎系ラーメンの魅力だと思います。メインのラーメンにたどり着くまでにもやしの森を食べ切らなければいけませんからねw

立川マシマシ普通に美味いじゃん

っで気になる味なんですがこれがめちゃうめーんですよ。

もともとこってり系のラーメンが好きなのもあるんですが、ラーメンに染み込んだスープの味は濃厚でそれでいてそこまでくどくない。

追加の味付けでにんにくのおろしたやつを入れたりすると、まーこれがめちゃ美味いんです。

ただ残ったスープは飲む気になりませんでした…w

 

二郎系ラーメンってのがボリュームとコスパを兼ね備えた次世代のラーメンってのが理解できました。750円でこれだけ美味しくてお腹いっぱい食べられるし、人気が出るのも頷けます。

名古屋にはまだまだ二郎系ラーメンがあるみたいなので、これからどんどん開拓していってみようと思います!二郎系ラーメンおすすめですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。