物事はやってみないとわからない

いつも通り海外ユーチューバーの動画を漁りまくっていますが、海外の人ってオープンなので自分の家のことを普通に公開してたりするのですが、ちょっとアフィリエイトにもつながる面白い動画があったので紹介しておきます。

ビビっていては何も始まらないという事実

登場人物は兄と弟。

向こうの家庭ではグラグラになった歯をあらゆる手段を使って紐で引っ張って強引に抜くという文化があります。これはドアノブとグラグラになった歯を紐で繋げてドアを閉めて歯を抜くという方法なのですが、いかんせん歯を抜く張本人の兄貴がビビりまくっています。

それを隣で「何をビビってんだか…」と言わんばかりに見つめる弟。最終的に見かねた(?)弟が棒のようなもので、紐を叩いてしまい歯が無事抜ける。という動画。

ここで注目したいのがビビっていた兄貴があまりの痛みの無さに思わず笑ってしまうという部分。これって社会人にも結構にています。

独立するのが怖いから。会社を辞めるのが怖いからやるのが怖い。だからずっとこのままでいいと動かない人。でもやってみたら案外うまく行ってしまうのが人生です。

今回の動画の場合だと

兄→ビビってる
弟→やってみた

痛いか痛くないか、やってみないとわからないわけです。

ちなみに僕は次男。子供の頃は兄貴が怖くてずっとビビってましたw

まあ何はともあれビビって臆すよりもやってみてどうなるか?と試してみた方が正解に近いし早いということがわかる動画です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。