森友文書改ざんの集中審議とかで無駄な税金使わなくていいから、仮想通貨の税制とか整えてくれ。

サブ
森友学園の1件から最近政治に関心が出てきてしまったどうも僕です。

こんにちは!サブです!

実は今まで政治というものに興味はほとんどありませんでした。知らない人が知らないところで自分には関係ないようなことを話して勝手に決めてるんだろ?どうせ。っとかドライに感じていましたが、森友文書改ざんがどういう経緯で、どういう国の仕組みから起こったことなのか調べてみたら、なかなかにとんでもない話で興味が湧いたので、政治について勉強してみたら癒着と自己利益が混濁する世界だったので最近マイブームです。

今回の森友文書改ざんについても調べてみましたがそれは、また今度どっかで記事にでもしておくことにして今回は別の話です。

無駄な国会で税金を使わないで欲しい

今回の森友文書改ざんについて集中審議をするのはわかるのですが、みなさんそもそもで考えてみてください。文書改ざんした張本人が別に出てくるわけじゃないし、自分たちで巻き起こしたことを国民から徴収した税金を使いまくって集中審議するんですから。

審議をすることは大切だと思いますが、そのために国会で莫大な政治家への人件費を使ってまでやるのは愚の骨頂です。早々に終わらすか電話一本で終わらせられる話でしょ?

国民はそこまでバカじゃない

野党がわざわざ国会を止めてまで森友文書改ざんについて集中審議をする意図は明白です。「与党の粗を追求して支持率を下げたいから」です。そりゃー次の選挙で与党になりたいのから当然だと思いますが、完璧じゃない人間がやることに、ただ粗を探して追求し、やることなすことに反対だ!っとか言ってるだけですから。

確かに今回の森友文書改ざんで不正行為があったのならそれはいけないことですが、そこを追求したからといってもそこだけを見た国民が「今の与党はダメだな」っとか思ったりしません。とりあえず粗探して突っ込んどけばいいんじゃね?的な野党の感覚がひしひしと伝わってきますね。

国民はそこまでバカじゃないですからね。

与党より良い政策を打ち出し与党になってほしい

現状の野党は与党の足を引っ張って、とにかく議席を獲得するという手法のようですが、本来の野党のミッションは与党の政策を監視し、悪いものには悪いと言いますが、逆に良いものには後押しし与党が出した政策よりも良い政策があればそれを打ち出し国民を納得させ議席を獲得する。というものです。

やることなすこと頭ごなしに反対だと言って国会を止めたり、今回の森友文書改ざんで国会を止め国費を無駄に使うのはやめてほしい。

そんなことよりもっともっと他にやることがあるだろう。仮想通貨の税制を整える方がよっぽど国益があがると思いますけどね。野党には本来の働きを全うしてほしいものです。今後はこういう政治系のこと書くかも。(笑)

SNSが普及したことにより偽物が浮き始め本物だけが残る時代になりました。政治の世界にもこの影響が及ぶでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • 激しく同意です。国会議員の先生方が国会で1時間「改ざんした、してない」という不毛な議論をすると、いくらのお金が消えていってるのか計算したくなりますね。森友問題のあーだーこーだをやらないだけで、問題の値引き額8億くらい浮くんじゃないかって気がしてます。

    • たしかに計算してみたら面白そうですね!あの国会から伝わってくるのは「日本は平和」ってだけですからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。