年末ジャンボ宝くじを買うぐらいなら仮想通貨に投資した方がいいと思う話。

サブ
宝くじにベットするか、仮想通貨にベットするか

こんにちはサブです!人生は常に選択の連続です。

自分に配られたカードをどう使って自分が満足する生き方にしていくかも自由です。

 

そこで今日は…

宝くじより仮想通貨にベットした方がよくないか?

的な話を書いておこうと思います。

そもそも宝くじは恐ろしい還元率である

庶民に残された一発逆転の手段の1つが宝くじですが、これは競馬や競艇などのような公営ギャンブルの類と同じなのです。

着目すべきは還元率。

宝くじの還元率は「45.7%」で、競輪や競艇などの他のギャンブルが平気で70%を超える中でとんでもない還元率になっています。

この還元率というのは、投資した額に対していくら返ってくる見込みがあるか?という数字です。還元率45.7%なら10,000円投資したら4500円ぐらい返ってくるよ〜。というものです。

また、公営ギャンブルなので胴元必ず儲かる仕組みになっています。年末ジャンボ宝くじつとはうたわれてはいるものの大きな経済効果のある税収入の一つなのです。

高額当選だと億を平気で超えてくるのでその金額が自分に当たるんじゃないか?と思わず期待してしまう人が多いかもしれませんが、当たる確率を見てしまうと興ざめするでしょう。

その当選確率は「10,000,000分の1」です。この数字見て当たると思います?

 

たしかに「いやいやでも買わないと当たらないでしょ?」っと思う気持ちもわかりますが、この1000万分の1の数字を何かに例えてみるともうちょっとわかりやすくなります。

では例えてみます

どうでしょう?なんとなく当たる気がしないのがわかりますよね。

ちなみにカジノで億万長者になる確率は「600,000分の1」と宝くじを当てる方が難しいのです。

客観的に数字を見てしまうとちょっと買う気が失せちゃうな。

 

さらに最近は10億とか当選額が引き上げられていて1ユニット2,000万枚になっていました。

つまり「宝くじの当選確率は現在20,000,000分の1」ということになります。

宝くじに10万も突っ込むなら仮想通貨に投資した方が増える

あくまでもどっちが手持ちのお金が多くなるか?というだけを考えた時には確実に仮想通貨の方が増えます。

僕のおじいさまも宝くじを毎年買ってました。金額は聞いたことがありませんが相当な枚数を持っていたので毎年結構突っ込んでいたと思うのですが、それぐらい買う方も多くいらっしゃいます。

例えば1年で100,000円宝くじを購入すると10年で100万使うことになります。今ならこの100万を仮想通貨に突っ込んだ方が10年後に増えている確率はそっちの方がでかいです。

っということで仮想通貨やる人はこちらから→「コインチェック

こんなことばっか考えてるとまさに「人生はゲームだ」と思うばかりですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。