DJI Osmo Mobileの充電について ランプや充電時間など

昨年購入した機材「DJI Osmo Mobile」普段の生活やちょっと出かける時などに使うことがとても多いのですが、どうやら今スマホ女子から割と注目度が高い機材なんですね。

きっとインスタやフェイスブックなどのSNS女子が増えたことが影響しているのだと思います。

そこで今回はDJI Osmo Mobileの充電についてまとめておきます。

DJI Osmo Mobile 充電

DJI Osmo MobileはUSBケーブルをつないでの充電となる

djiosmomobilejuden - 1

ごちゃごちゃしていますが、DJI Osmo MobileはUSBケーブルをつないでの充電となります。

DJI Osmo Mobileを充電する時はUSBケーブルの片方がイヤホンジャックみたいになったもので特別なので付属のUSBケーブルは無くさないようにするといいでしょう。

片側がこんな感じの端子になってます

djiosmomobilejuden - 2

DJI Osmo Mobileを充電する時にはこのようなDJI専用の充電ケーブルを使うのですが、DJI Osmo Mobileについて調べてみるとこの充電ケーブルをなくしてしまうことが多いようです。

家にあるUSBケーブルとはちょっと違うので無くさないように気をつけましょう。

dji osmo mobile 充電 ランプ 充電完了

これが充電中のランプ発光の仕方

djiosmomobilejuden - 3

これが充電中のdji osmo mobileのランプの発光部分です。

「じわぁー」っと光ってくるタイプの発光パターンで、充電完了になると緑一色になるのが特徴です。

写真だとわかりにくいので動画にしておきました。

充電中はこのような発光パターンになります。

マックブックをスリープ状態にして使うのがおすすめ

djiosmomobilejuden - 4

DJI Osmo Mobileはマックブックとの相性がとってもいいです。

マックブックの場合はスリープ状態にしても充電されるようにできているので、僕みたいにアクションカメラだの一眼だのポケットWi-Fiだの、ワイヤレスイヤホンだのiPhoneだのと、いろんなガジェットを持っていて充電するものが多い場合はこのスリープ状態(マックブックを閉じたやつ)の充電がとても助かります。

アマゾンで購入したUSBハブがものすごく役に立ってます。

今の時代にはこれが必須ですね。もしDJI Osmo Mobileを購入するならUSBハブも購入しておくことをおすすめします。

充電時間は結構短い

DJI Osmo Mobileの公式サイトには充電時間が2時間〜3時間と書かれているのですが、充電してみると結構短いということがわかりました。

ジンバルってセンサーもたくさん使うし平行を保つために結構動くものなのでそのぶん電力の消費量も充電にも時間がかかると思っていたのにレスポンスは良さげです。

DJI Osmo Mobileはこちらの記事もおすすめです

DJI Osmo Mobile スマホ用 3軸スタビライザー 自動追尾機能の使い方

2017.02.23

DJI Osmo Mobile 使い方 アプリ 初期設定の方法やジョイスティックを使った動き スマホ用スタビライザー スタンド

2017.02.21

DJI osmo Mobile iPhoneスマホの3軸電動スタビライザージンバルの動き方

2016.12.22

iPhone スマホ用の3軸ジンバル「DJI osmo Mobile(オズモモバイル)」レビュー 初期設定とか使い方とか

2016.12.20

DJI Osmo Mobileが少しでもイメージできれば

ということでDJI Osmo Mobileの充電について執筆しておきましたが、注目されている機材とはいえど価格は3万5000円前後もするものなので、スマホ撮影女子としてもしっかり下調べをしておきたいところだと思います。

今後の購入の検討材料になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。