EOS 80Dでの動画撮影は連続何時間撮影できるの?

久しぶりのカメラのこと書きます。EOS80Dが発売してから割とすぐに購入に走った僕ですが、80Dは一眼レフカメラながら60fpsの動画が撮影できるので、一眼カメラとして使うのはもちろん、アーティスティックな動画撮影用の機材として使うのにも適していてかなり重宝しています。

海外ユーチューバーにどハマりしているので、日常的に海外ユーチューバーの動画をチェックしていると、カメラマンがEOS80Dを使っていることが多いので、「おぉ!」っとテンションが高くなったりします。EOS80Dは一眼レフカメラでありながら動画撮影向きというところが、推しポイントなんすよね。

EOS 80Dは動画連続撮影だとどれくらいの撮影時間?

試してみたところ、100分〜120分ぐらいいけました。

オフィシャルの80Dのスペック表には約90分という表記になっていますが、やはりそれよりもだいぶ伸びました。100分〜120分というばらつきがあるのは、ピントを外したり合わせたりする挙動をどれくらいするかによって、連続撮影可能時間がどっと変わるからです。

一眼レフカメラは撮影そのものに使うバッテリー消費量より、一眼のピントを合わせたり、液晶画面にプレビュー画面を表示させたりするといった動きの方がバッテリー消費が激しいということがわかりました。

でも以前使っていたミラーレス一眼に比べるとやはりバッテリーの持ちがはるかにすごいです。

マイクなどのオプションパーツは使ってない状態でプレーンで使っています。

写真撮影もプレビューを切っておくとずっと起動しておけるぐらい

ちなみに….の話ですが、EOS80Dは液晶画面をオフにして使うことができます。(写真モードの時)

オンにして使うこともできますが、オフにしておけば、丸一日バッテリーが持つので、いかにあの小さな液晶画面がバッテリーを消費しているということがわかります。

動画撮影時は液晶画面は強制的にオンにされてしまうので、そこでもバッテリー消費がでかいようです。

正直なところビデオカメラを買う意味がわからない

動画を撮影するのに適しているビデオカメラというものが家電ショップには販売されていますが、一眼レフカメラでここまで連続で撮影できるうえに、綺麗でズームもピント調整もめっちゃ早いのに、ビデオカメラを買う意味がわからなくなります。一眼レフカメラって持ちやすいしね。

ビデオカメラはレンズ変えられないけど一眼だったらレンズも望遠にできますし、ズームどうのこうも自分の好きなものでカスタマイズすることができちゃいます。安価だからなのか?

予備バッテリーはやはり必須です!

っといろいろ検証してみると、バッテリー消費の悩みはやはり予備バッテリーで一気に解決しちゃいます。純正のバッテリーはちょい高いですが、このようなセットバッテリーだと3000円ぐらいで2個購入できちゃいます。せっかくのハイスペックな一眼レフカメラですし、カメラ機材って予備バッテリーを使ってなんぼのところがあるので、80Dを使い込むという方は予備バッテリーも一緒に買っておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー