AirPodsってどうよ?半年使ってみた感想とレビュー!

サブ
ワイヤレスイヤホンにしては高額商品なので購入前に口コミみたい人も多いだろう

こんにちは!サブです!
AirPodsを買ってからあまりの使い勝手の良さに常に持ち歩いているAirPods。個人的におすすめなのでワイヤレスイヤホンを検討されている方全員に買ってほしいとさえ思っていますが….

高いから失敗したくない!

っと思っている人もきっと多いと思います。

そこで今回はAirPodsを使ってみて僕がわかったことや感想をつらつらと書いていこうと思います。検討中の方はぜひ参考にしてください。

購入時の記事はこちら!
AirPodsの偽物を買うな!本物を買え!全然違うぞ!!!

AirPods使ってみて率直にどう?メリット&デメリット

ケーブルがあるワイヤレスイヤホンの3倍使いやすい

実はAirPodsを購入する前もワイヤレスイヤホンを使ってましたが、それはケーブルがついたワイヤレスイヤホンでした。

それはそれで使い勝手が良かったので仕事中とか常に使っていたんですが、どうもケーブルがあると邪魔になることがあるんですよね。例えば夜寝る前にベッドで転がりながら使う時とか、ワイヤレスイヤホンといえどケーブルはやはり煩わしいです。

これが完全ワイヤレスイヤホンとなるとまったくもってストレスがなくなります。装着していることさえ忘れますよ。

充電が早いしそもそも充電切れというものがない

これはAirPodsの使い方によるところもありますが、僕の場合は長くても4時間ぐらいしか連続してワイヤレスイヤホンを使わないので、充電切れになることがありません。

使わない時は必然的にAirPodsのケースに入れて持ち運びをするんですが、ケースそのものが充電器になっているので、移動しながら常に充電してくれているような感覚です。

またケースから取り出して使い始めると充電フルの状態になっているのであとはそれの繰り返しです。AirPodsの前に使っていたワイヤレスイヤホンはすぐに充電がなくなってしまうので仕事中になんども充電を繰り返すという作業が発生していました。

AirPodsのケースの充電はiPhoneと同じライトニングケーブルでおこなうんですが、充電を始めたら結構早く満タンになります。「え?もう満タンなの!?」みたいな。AirPodsは思ってたより充電の煩わしさがないです。

同時接続ができないのは残念。これはデメリット

これはデメリットです。

僕はiPad、iPhone、MacBookとデバイスを使っているんですが、AirPodsはこれら3台に同時接続をすることができません。前のワイヤレスイヤホンは3台同時接続ができたので、PC作業しててiPhoneに電話がかかってきたらそのまま受話することができましたが、AirPodsの場合は、その都度切り替え作業が必要になります。

てっきり同時接続できると思っていたのでこの点は残念ですね。

音質は良いと思う!これは個人差があるけどね

AirPodsを使っていると周りの人に話すと毎度聞かれるのが「音質ってどう?」って質問です。

僕はワイヤレスイヤホンとかの音質はそこまで気にする人じゃないので、多少悪くても全然気にならないですが、AirPodsを使い始めてからは「うーん音質悪いなー!」っと思ったことは一度もありません。

なのできっと音質は良い方だと思います。ワイヤレスイヤホンでも重低音とか音質部分にこだわっている人にしたら見解は変わると思いますが、普通に音楽聞けますし音質に関してなんら問題を感じたことはありませんよ。

ランニングしてもイヤホンが落ちないのがすげー

僕は日常的にランニングをするんですが、ランニング中はイヤホンを使って音楽を聞いてます。

以前使っていたワイヤレスイヤホンの場合はランニングの振動でイヤホンが耳から外れてしまうんですが、AirPodsの場合は結構激しく動いたとしても耳から外れません。

試しに全力ダッシュや野球のボール投げたり、頭を思いっきりブルンブルンと振ってみましたが外れる気配がありませんでした。これはマジで良い部分だと思います。

調べてみるとワイヤレスイヤホンでも外れてしまうのはケーブル部分が原因だそうです。イヤホンと繋がっているケーブルの部分が引っ張られることによって耳から外れてしまうようで、ケーブルがない完全ワイヤレスイヤホンはまったく持って外れる気配がありませんね。

こちらの記事でも書いてあります!
AirPodsを使ってランニングしてみたら快適だった。こりゃ激しいスポーツもいけるな

ランニングに限らず個人プレーのスポーツはかなり捗ると思いますよ!音楽聴きながらのランニングって楽しいですからね。

AirPodsの偽物は買わない方がいい

最近AirPods人気がすごすぎて2000円ぐらいで購入できるAirPodsの類似品が多く登場していますが、それはやめておいた方がいいと思いました。

僕もワイヤレスイヤホンに2万か〜…..。っとか思って購入前にかなり調べたり家電量販店に行って装着テストしたり、AirPodsの偽物を試しに買ってみたりしましたが、作りが全然違いますし音飛びとかもします。

AirPodsの偽物はイヤホン本体もでかいので、なんか装着しててダサいですしね。偽物は安く購入できますがきっと使い心地に満足することはないと思うのでヤメておくことをおすすめします。

アップルウォッチがあると100%楽しめる

これはデメリットでありメリットでもあるという感じですが、AirPodsはAirPodsで音量の調節をおこなうことができません。次のトラックなどの操作は可能です。

特に外出先とかでiPhoneで音楽を聞いてる時にさっと音量を小さくしたくなる時あるじゃないですか?その時にいちいちiPhoneを取り出してそこで操作をしなければなりません。

でもアップルウォッチがあると音量をアップルウォッチで調整することができるし、トラックを次に送ることもできるので100%AirPodsを楽しむことができるようになります。

これを読んで「え?iPhoneで音量調整すりゃいいんじゃね?」と思ったあなたは特に気にならないと思います。それに解決方法がないわけではありません。

イヤホンをダブルタップすることでsiriを起動させることができるんですが、siriに「音量を小さくして」とか「音量を大きくして」とか頼めば結果的にAirPods単体で音量調整することができます。電車内だとちょっと恥ずかしいですけどねw

風が強くても通話がしっかりできる

これは嬉しいポイント。

AirPodsは当然iPhoneにかかってきた電話をハンズフリー状態で通話することができます。このハンズフリー自体がものすごく良いのは他のブロガーとかも紹介しているのでここでは割愛しておきます。

僕が良いなと思ったのが屋外での通話です。風が強い日とか

風が強い日に電話で通話するとどうしても風切り音が相手に伝わってしまいます。「ぼおおおおおお」みたいな音です。しかしAirPodsの場合はこの風の音がほとんど入らないので屋外で通話してても屋内にいるみたいにストレスフリーで会話することができます。

風だけじゃなくて国道とかで通話してると車のエンジン音とかが入っちゃいますが、AiePodsはこれらもはいりません。どういう原理かわからないんですがサラリーマンの人とかでずっと外出している人にとってはかなり使えると思います。両耳に装着してれば相手の声も聞き取りやすいですしね。

むしろiPhoneやスマホを耳にあてて通話するよりも、AirPodsを使って通話する方が相手にとっても自分にとっても幸せです。

外すと自動でオフになる装着するとオンになる

AirPodsはイヤホンが耳から外れる(外す)と自動的にオフになってくれます。これも地味にありがたいです。

前のワイヤレスイヤホンは外して電源オフにしないとずっとつきっぱなしだったので、オフにし忘れてそのままにしておくと「あれ?PCから音が出ない…」なんてことになってたりしますがwAirPodsは耳から外した瞬間にオフになります。

それまで再生されていた音楽も一時停止になるので、電車の中とかで誤って外れてしまった時とかに音楽が大音量で流れる…。なんて失態もまずありません。

服を脱ぐ時は必ず引っかかって落ちる

僕の場合はAirPodsがあまりにも快適すぎるので家の中でも装着していることが多くそのまま生活したりするんですが、時々耳に装着されていることを忘れてしまうので(※これガチでこうなりますよ)、そのまま風呂に入ろうとTシャツを脱ごうとする時に必ずイヤホンに引っかかってイヤホンを落としてしまいます。

まあそのまま風呂に入ってしまうということにならずに済むので良いっちゃいいんですが、例えばAIrPodsを装着しながら何回もポーズチェンジするという人にとっては煩わしさを感じると思います。モデルの人とかかな?

まあ一般の人はそこまで気にならないと思います。

インナーイヤホンなので遮音性はありません

イヤホンの形状はインナーイヤホンです。iPhoneとかに付属されてるイヤホンと同型ですね。

インナーイヤホン→遮音性が低い
カナル型イヤホン→遮音性が高い

という特徴があるんですが、カナル型が好みの人の場合はAirPodsは向いてないと思います。大きい音量で聞けば音漏れもしますし、密閉率は高くないので重低音を重視して音楽を楽しみたい人には向かないと思います。

僕はインナーイヤホンタイプが好きなのでAirPodsはちょうど良かったです。

無くす可能性が一気に高くなる

これはデメリットです。

本体自体が小さいのでAirPodsをケースに入れておかないと無くしてしまう可能性が多いですね。僕は寝る前にAirPodsを使っていてそのまま寝落ちしてしまったんですが、起きた時に片方のAirPodsが耳から外れてどっかにいっちゃってる!っとい状態になったことがあります。

結果的にベッドの隙間に落ちていたので見つかったんですが、屋外とかで手が誤って耳に当たっちゃったりして外れると思いもよらないところに落ちていってしまう可能性は高くなりますね。小さいから仕方ないと思いますが物を無くしてしまいがちな人は気をつけてください。

ベアリングが簡単で感動

ワイヤレスイヤホンは初期設定としてベアリングを行わないといけないんですが、AirPodsの場合はロック解除したiPhoneの近くでケースの蓋をパカっと開けると「ベアリングしますか?」と表示されるのであとはベアリングをタップするだけで初期設定が完了です。

あとは同じアップルIDでログインしている端末だったら切り替えて使うことができるので、ここらへんもストレスフリーですね。

AirPodsケースカバー買った方がいいね

AirPodsはケースに入れて持ち運ぶんですが、このケースはキーリングとかがついていないのでバッグから取り出す時に「あれ?どこいった?」みたいになりがちです。

なのでこういうケースを別で購入しておくと持ち運ぶ時にかなり便利になりますよ。オリジナリティも出ますしバッグの取手の部分とかにつけておくことができて便利です。

まとめ iPhone使ってるならAirPodsかな

っということでつらつらと僕がAirPodsを使ってみて感じたメリットやデメリットを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょう?

完全ワイヤレスイヤホンの流れが全国的に来てますが、価格が高いのでいろいろ検討されたい方が多いはず。その点AirPodsは価格以上の価値があると思いますし、買って後悔することはほとんどないと思うデバイスでした。

何かご質問や気になることがあればコメント欄へどうぞ!すぐにご返信させていただきます。
長文最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。