《徴用工問題》日本は「優しさ」を捨てるタイミングでは?

こんにちは!サブです!

今回は社会情勢の話。今テレビでよく取り上げられているのが「徴用工問題」

以前から日本と韓国の関係性が問いただされていますが、その関係を大きく揺るがす報道でした。

この徴用工問題、今回で終わりというわけではなく今後も長く続いていきそうな事案なので、今後の動向に妙に興味を持ってしまいました。

徴用工問題を軽めに説明すると…

みなさん周知だと思いますが念のため説明しておくと

日本が韓国を植民地にしている時代、韓国人を日本企業が労働力として雇っていました。

韓国の原告側の主張は「当時、強制的に労働させられたから賠償金ちょうだい、まともに賃金ももらってないからだぜ!」というもので、強制的に働かされていたのか、本当に賃金をもらってないのか?というのが争点にあげられています。

 

じゃあ、なぜ今回のような事案に発展するのかというと、終戦後の1965年の日韓請求権協定にて、日本が韓国に金融援助をする代わりに、この事はお互い全部すっきりしてもう今後一切口出ししてこないでね。という約束をしました。

ちなみにこの時の金融援助は莫大なものでしたが、金融援助の額が大きかったのは、個人への賠償金も含めた金額もこの金融援助に含まれていたためです。

 

そんな背景があるにも関わらず、今になって韓国の最高裁判所が徴用工で働かされた個人に1,000万円払えって判決を下したもんだからさあ大変。国際的な約束を世界的に約束を破る結果になってしまいました。

安倍総理も「ありえない…」と韓国を批判していますが、これには僕も同意ですね。

実は韓国側でも意見が割れている

今回の韓国最高裁判所でのこの判決は、韓国内でも「さすがにこの判決はやばいんじゃない?」っと意見が分かれているそうです。

そもそも判決を出した最高裁判所の裁判員も意見が分かれてたぐらいですから、韓国側をひいき目で見ても国際的におかしなことをしているのは明らかです。

もう優しさはいらないんじゃない?

っで、僕の感想は「もう優しさはいらないんじゃない?」です。

世界で一番信頼されている真面目な国民性の日本ですが、今まで日韓合意やらかんやら、かなり寛大な対応をしてきたと思います。その寛大さにつけこんで韓国側は判決を下したのは明らか。

当然僕は、日本と韓国仲良くやってほしいと思ってますが、今後仲良くやっていくためにも今回の件は「それ違うぜ!」っと毅然とした態度で突っぱねてほしいと思います。

 

まあ、日本企業への賠償は日本政府が「は?意味わからん」っと言ってる時点で強制力がないんで、韓国側に賠償金が支払われることはなく自然消滅しそうな気がしますが….。

 

対国にしろ、対個人にしろ、僕はどんな人に対しても誠実さと適度な優しさを持って生きていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。