ワードプレスの新エディタを従来のものに戻したい場合「Classic Editor」というプラグインで対処できます。

こんにちは!サブです!

先日ワードプレス5.0から実装された新エディタ「グーテンベルグ」について書きました。

こちらです↓
ワードプレス5.0から実装される新しいエディタで書いてみる。

ワードプレス5.0にアップデートすると自動でエディタがこのグーテンベルグになってしまうので、ワードプレスを利用している人で以前のエディタが良かった!という人は従来のものに戻さなくてはいけません。

今回はその戻し方です。

プラグイン「Classic Editor」を使おう

戻し方は簡単です。

Classic Editor」というプラグインをインストールし有効化すれば今までのエディタに戻ります。

グーテンベルグのブロックにもクラシックブロックがあります

でも、部分的にクラシックエディタを使いたいという人もいらっしゃると思います。

その場合はグーテンベルグのエディタの中のブロック要素「classic」というものを選べば、そのブロックに関しては従来のようにショートコードの読み出しなんかもおこなえます。

ただ、ブロック要素でclassicを選択したとしても「ビジュアル」「テキスト」を切り替えて、ソース部分での編集をすることはできないので、ソース部分を直で編集したい場合もClassic Editorプラグインを入れるのがおすすめです。

広告タグのnofollowが消えてしまう不具合

これはアフィリエイター向けな話ですが、グーテンベルグ(新エディタ)を使って広告タグを記事に入れ込んだ場合、広告タグに元から入ってる「nofollowタグ」が消えてしまいます。

たぶんバグなのでこれからのアップデートで改善されると思いますが、それまでは広告コードを埋め込んだあとに手動でnofollowタグを元ある場所に埋め込まなければいけません。手間やでw

でも僕はもう少し継続的に使っていこうと思います。アフィリエイトや広告タグを使う人は新エディタは微妙だと感じると思いますが…..。これからのアップデートに期待です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。