仮想通貨をワンピースに例えるならまだグランドラインにさえ入ってない

サブ
いろんな物で例えるとわかってもらいやすい

こんにちは!サブです!久しぶりに仮想通貨のことを書きます。

仮想通貨バブルだー!とか暴落したら終わりだー!とか言ってる人(※メディア)が多いですが、そんなことありませんよ。これから世界が変わりますし、そもそも投機的なものではありませんから(きっぱり)

みんな「通貨」って言葉に引っ張られているだけで仮想通貨の本筋はそこではありません。いくら含み益があるかーっとかやってますけどw

ブログや動画で発信しているので僕もいろんな人から質問されますが、ここではっきり言ってやろうと思います。

まず仮想通貨の進行度をいろんなものに例えてやる

もう仮想通貨って終わりですよね?」とか「今から買っても遅いですよね?」っとか聞いてくる人はブロックチェーンの勉強をしてください。今後のためにも絶対にしておきなさい。すると仮想通貨の本筋が通貨ではなくその利便性であることがわかるから。

では例えていこう!思いついたもので。

ワンピース→グランドラインにも入ってない。
ガンダム→ガンダムは動いてさえいない
カイジ→限定じゃんけん始まってない
キングダム→まだ初陣始まってない
ナルト→中忍試験始まってない
ブリーチ→ソウルソサエティー行ってない
ドラゴンボール→ラディッツが襲来

主要漫画で書いておいたのでなんとなーくわかると思います。

つまり僕からしたら「仮想通貨終わりだー」っとか言っちゃってる人は、グランドラインにも入っていないワンピースを見て「もうワンピース面白くねーわ」って言ってるようなもんです。こっから面白くなるのに。

仮想通貨は通貨ではなくテクノロジーである

もうね仮想通貨って名前を変えた方がいいと思いますw

僕が仮想通貨を始めたのは投資目的ではなくブロックチェーンというテクノロジーに惹かれて、これは今後の世界が劇的に変わり、僕らの生活がより豊かになるきっかけになる物だと思ったからです。

1945年(73年前)ぐらいに日本は本格的に車社会が始まりました。今では移動手段として当たり前の車ですが、当時は「こんなもの流行らない」とか新聞では報道されていました。たった73年前の話ですよ?まだ生きているじい様も多いです。

そしてこの「車」というテクノロジーを世界が取り入れ、様々な産業が発展を遂げました。これは周知の事実です。

仮想通貨のブロックチェーンという技術は、体感しにくいだけで「車」の誕生よりも画期的で先進的なものなんですよ。

テクノロジーが法律を追い越す

もうすでに仮想通貨の本筋のテクノロジーは法律を作る人たちの範疇を超えています。だから「臭いものには蓋」的な感覚で仮想通貨の規制に走るんです。

50代、60代のおじさんたちが理解できる範疇を超えてるテクノロジーなんすよ。この2年で仮想通貨は大きく世界を変わりますので、その時に理解し始めるのか、今から勉強しておくのか?どっちが良いかは明白だと思いますけどね。

メディアの誤まった仮想通貨情報に流される人が一人でも少なくなればいいと思ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。