面接官は顔で判断するか?

こんにちは!サブです!

毎年1月はまだ企業内定をもらってない大学生の就職活動が活発になる時期です。

ここで毎年言われるのが「面接官は顔で判断するか?」という疑問。

僕もサラリーマン時代にいろんな人を面接してきたんですが、その経験を元に記事にしておきます。

顔で判断するに決まってるじゃないか

はっきり言いましょう。顔で判断するに決まってます….。世の中の面接する人はきっと皆同じ意見でしょう。

ただ、こう書くと誤解が生まれるので正確に伝えると、その人の顔本来の良し悪しは一切見てません。髪型や服装の着こなし・メイク(女性なら)ここら辺を見てました。

つまり美容整形を除き、自分でコントロールすることができる部分をちゃんとできてるか?大雑把に言うと顔判断ですが、厳密に言うとその人の人間性が現れるところで判断してます。

挨拶や礼儀作法なんて覚えてしまえば1日でできてしまいますが、自分の細かなパーツに気をつかうのは日常的に身につけなければいけないからです。しっかりできてる人はだいたい優秀です。

 

>>「入社後、活躍する人」を見逃さない面接の技術 [ 牛久保潔 ]

 

ただ僕の主観でやってたことなので、これが正しいのか間違っているのか結果わからないんですが、その後入社した子は一緒に働くわけだし、使えないやつだったりトラブルメーカーになる場合もあるので割と慎重に判断しなければいけません。

一方的に働く側の人権ばかりを主張しまくる人は上司からしたらただただ扱い辛いだけですからね。そういう人は面接時に回答から見極めなければいけません。

今は深刻な人手不足なので面接に来てもらえるだけありがたいもんですが(笑)

 

就職活動真っ最中の学生さんは、顔(身なり)で選ばれることを念頭に置いて面接に赴いてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。