《Teyimo》厚手で手提げのように持ち運ぶことができるキャンプや海水浴におすすめのレジャーシート

これから夏の季節になると、海水浴やキャンプにピクニックなどなど、あげたらキリがありませんが外に出る機会がとても多くなると思います。

そんな時にとっても便利なのがレジャーシート!

僕も昨年ぐらいから夏前には必ず一個はレジャーシートを購入するようにしているのですが、レジャーシートってものが違うだけで結構使い勝手が違ったりするんですよね。

そこで今回は、手提げタイプの持ち運びに便利な厚手のレジャーシートを紹介しておくよ。きっと役に立つはず。

Teyimoの厚手のレジャーシート

ちなみにこちらです。

今までレジャーシートなんてどうせ同じだからペラペラのものでいいやと思っていたのですが、1個ぐらいはちゃんとしたものを持っておいた方がいいだろうということで購入。可愛い柄が特徴のTeyimoのレジャーシートです。

最近はこの手提げタイプが主流なんですよ( ̄ー ̄)

マジックテープを外すとそのまま広げることができる

レジャーシートは持ち運びの便利さに収納のしやすさなどがポイントになると思います。

手提げの取手部分がマジックテープになっているのでそこを外すとそのままレジャーシートを広げることができます。思った時にパッと開くことができるってのは結構ありがたいです。

こんな感じで持ち運ぶことができます

見た目通りですがこんな感じに持ち運ぶことができちゃいます。

持ち手がないレジャーシートだとまとまっていないので、運んでいる途中に開いちゃったり持ちにくかったりしますが、持ち手があるとすっごく楽です。

ただえさえ荷物が多くなるキャンプの時には大活躍してくれそうな感じ。

裏側はこんな感じ

ちょうど大人1人が隠れるぐらいの大きさ。

大きさは「200×145cm」なので大人2人と子供1人ぐらいのサイズ感ですね。

表側はこんな感じ

柄可愛いなー。

素材が厚手なので外で使っても汚れなさそう

横から撮影してみました。

1,000円ぐらいのレジャーシートと違い厚手なのがよくわかります。

表側と裏側の生地の質感はこんな感じ

こちらは表側の質感です。サラサラしている感じです。

続いて裏側はこんな感じの質感。

ちゃんと防水もできてる

試しにレジャーシートに水を垂らしてみました。

ちゃんと撥水されているので、外でうっかりジュースをこぼしてしまった!っとなってもまったく問題ないですね。ティッシュとかですぐに拭き取ることができます。汚れにくいってことです。

せっかくだから近くの公園に持っていってみよう

せっかくのレジャーシートなので外で使わないと意味がありません。

僕の家の近くには公園がいくつもあるので、1人ピクニックでも楽しんでみようと思ったわけです。

室内だとシートを開いて全体を撮影するのが難しいですからね。

開いてみるとこんな感じ

開いてみるとこんな感じです。

ちょうど大人1人がごろんと横になれるぐらいの大きさです。

もう一枚。

厚手なので地面に石とかがあっても痛さを感じなさそうです。

前はペラペラの安いレジャーシートを使っていたのでこの厚手感はすっごくありがたい。

今年の海水浴にはぜひ持って行きたいものだね。

バッグタイプにできる携帯バッグも付属されています

商品にはこのようなバッグもついています。

折りたたんだレジャーシートをこれに入れることができるので、バッグタイプにして携帯することができるというわけですね。

厚手のレジャーシートを探しているならこれおすすめだよ!

っということで今回はこちらのレジャーシートを紹介させていただきました。厚手だし手提げタイプで持ち運びをすることもできるしマジでおすすめ。

一度こういったちゃんとしたレジャーシートを買えばこれから長く使っていくことができるし、厚手なのでお子さんにも優しい。さらにこれからの時期はお子さんの運動会なんかもあるのでレジャーシートは必須ですよ。ぜひチェックしてみては!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!サブです!
ニートになるために全力で仕事をしています!

お仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

記事執筆のご依頼や、新商品新サービスなどを実際に試してブログで紹介する仕事もしています。
ぜひお気軽にご連絡ください!