自転車・ロードバイクにおすすめのライト 充電式とかシリコンとか 夜道を快適に走れる

この時期になると日中は暑いのでロードバイクに乗るのは夜暗くなってからになるのですが、夜道の自転車って結構暗くて危ないんですよね。

以前はそこまで明るくないライトを使っていたので、街灯もないような道を走っていると、前のでこぼこに気づけずヒヤっとしたこともあります。

それがちょっと前に購入した自転車ライトが明るくてとにかく最高なんですよね( ̄ー ̄)

ロードバイクや自転車で使えるおすすめの充電式のライト しかもめっちゃ明るいしストロボも対応

2017年5月25日

こちらの記事です。

そこで今回は自転車やロードバイクにつけられるおすすめのライトを紹介しておきます。

まず定番なのがキャットアイのライトシリーズ

ロードバイク用の自転車ライトの定番といえばやはりキャットアイブランドですよね。サイクルコンピューターもそうですが、メーカーとして高い評価です。

こちらは予算がちょっと高くなってしまいますが、かなり明るく使うことができる自転車用のライトです。400ルーメンなので明るさはとにかく文句なし。対向車がいる場合まぶしく感じるんじゃないかな?と思っちゃうほどです。

詳細ページを見てもらうとわかるのですが、暗くて街灯がないようなところでも道を明るく照らしてくれるので、夜道のランディングにはもってこいです。予算に余裕がある人はぜひどうぞ。他のライトには戻れなくなる。

安さで選ぶならこのシリコンタイプの自転車ライト

安全面を考えるなら自転車ライトは高いものを購入した方がいいと思いますが、予算を抑えたいならこのシリコンタイプのライトがおすすめです。

実は今の明るいライトに変える前は、こちらのシリコンタイプのライトで頑張っていました。明るさはそこまでありませんが道路交通法の明るさにはしっかり対応しているので違反にはなりません。

ストロボ機能もついているうえにシリコンなので脱着がしやすいというのが大きなポイントです。今はサドルの後ろ側につけてストロボ発光させて後続車に自分の存在をアピールしています。夜は後ろへのアピールも忘れてはいけません。

USBで充電することができる自転車用のライト 中級機

自転車用のライトに5,000円とか高い価格を出すことはできないけど、ある程度明るさもあって、2000円〜3000円ぐらいで購入できるものを探されている方におすすめなのがこちら!

いわゆる自転車用ライトの中級機レベルのものなんですが、これぐらいの価格レベルのライトから充電式になるので、電池をわざわざ買いに行くという手間を省くことができます。

これぐらいのレベルのライトからは、街灯がないところでも普通に走行できちゃうぐらいの明るさです。充電式ですが6時間ぐらい持つので十分事足ります。

自転車用のライトはできるだけ明るいものを選んだ方がいいですよ。夜道も走りやすいし超安全。ぜひ検討してみては!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。