なんで映画って上映時刻ちょうどに始まらないの?

久しぶりの納得がいかないシリーズです。

今回は映画の上映が時刻通りに始まらない件についてです。

映画の上映時刻に間に合うように行ったのに予告が流れる

eigajyoueijikoku

まさについこないだのこと。

奥さんと「久しぶりに映画でも見に行こう!」ということになり、チケットを予約し目的の映画館に着く。上映時間まであと10分ぐらいだから、ちょっとブラブラしようというこでブラブラし時間を潰し、時刻通りに映画館に入る。しかも5分前。

そして上映時刻になり映画が始まるかと思いきや、「全米が泣いた」だの「愛犬との涙のストーリー」だの予告が流れる流れる。そして結局上映時間から10分後に本編が始まる。

いやいや、だったら上映時間は正確な時間にしておいてくれや!

っと思わず口に出てしまうほど。これってそもそもなんでなの?と思う。きっと同じ経験をした人も思ったことがある人も多いはず。これは納得がいかない。

遅れている人がいるから説

遅れてしまう人がいるから、上映時刻はわざと遅れるようになっているのよ。と教えてくれた友人もいるが、それはそれで納得いかない。

しっかりと時刻通りに来る人の方が多いんだから、時刻通りに来ている人に合わせるべきなのでは?じゃあ1時間遅刻する人がいるかもしれないから1時間予告入れます。ってなりますか?それはならない。

予告あっての映画館の価格説

予告をああやってみせることによってスポンサー料が発生しているのでは?

これは妙に納得できるけど、だったら本編が始まる時刻ではなく、「予告が何時〜映画本編が何時〜」というようなスケジュールにしてほしい。

映画館のこのスケジュール時間通りじゃない風習は無くしてほしい

っということで好き勝手に上映スケジュールについて納得がいかないことを話してきましたが、時間にうるさい僕としては、「10時から上映するよー!→10時に着席する→うそうそ!予告からでしたー」みたいなのはマジでなくしてほしいと思っている。

それとも映画の上映時刻が時間通りじゃないのには、僕が納得する理由でも隠れているのだろうか?もし誰か知っている人が教えてほしい。ってかそれを映画館に書いておいてほしい。ただちにこの風習は修正するべきだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フリーライターのサブです!
いつもお仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

サラリーマンやOLでもできるアフィリエイトを使った副業セミナーをはじめました。
参加は無料ですのでご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▼詳細はこちらから
《名古屋》アフィリエイトを使った副業セミナー