毎月分配の投資信託はヤメておけ。その理由を簡単に説明しておくとする。

こんにちは!サブです!

今、「クラウドバンク」と「投資信託」やってます。

今回は投資信託の方の毎月分配について個人的な見解を話します。

 

楽天証券でも投資信託の毎月分配ができて、最初見た時は「おお、毎月分配ってわかりやすくてええやん!」って思ったんですが、長期的な目線で見た時に正直微妙…..。

人気の高い毎月分配をなんで微妙だと思ったのか?

投資信託の毎月分配は一見魅力的だけど…?

「投資信託の毎月分配」は文字通り毎月運用益が給料みたいに受け取れます。

自分が投資したお金が運用されそれが毎月手元に戻ってくるのでなんだかわかりやすいし、毎月ある程度決まったお金を受け取れるので資産運用がうまく行ってるような感じがしますが実態は違ったりします。

 

それはなぜか?

投資信託の毎月分配は「投資信託を購入した時の代金の一部が戻ってきてるだけ」だからです。

ノリでやる前に勉強しておいてよかったぜ(汗)一見マジで魅力的だからな。

 

投資信託は「通常購入」と「積立購入」があります。

簡単に説明すると

    • 通常購入→一括で先に払っちゃう
    • 積立購入→毎月決まった金額を投資

という感じです。

投資信託の毎月分配に限ってはそのほとんどが「通常購入」の方が該当するんですが、例えば100万円最初に投資信託を購入するとするじゃないですか?

それで翌月分配される時に運用益が出てなかった場合、最初に投資した100万円の中から分配されます。

つまり自分が最初に投資したお金が返ってきてるだけなうえに(※運用益が出てなかった場合です)、その返ってきたお金は当然投資分から差し引かれているわけなので、翌月に大きな上がりがあったとしても分配された金額分はあがりません。

長い期間運用した際に長期的にうす〜い感じに損をしちゃってるということになります。全部預けてたらもっと増えてたってことです。

 

多少の上がり下がりがあるとはいえど投資信託は長期的な資産運用です。

よくよく考えたらただただ自分の元手が毎月減っていく(可能性)があるわけなので、投資信託とは相性が悪いことがよくわかります。

おばあさんがニュースになってたけどまさにそれ

ニュースのタイトル忘れちゃったけど

たしかおばあさんが貯金3,000万円を銀行の営業マンから説明を受けて投資信託へ投資して、毎月15万円ぐらいの分配金をもらってたからてっきり得してると思ってたけど、蓋を開けてみたら運用損が出ていて、元金が半額ぐらいまで減ってたみたいな話。(だった気がする)

 

投資信託の毎月分配は上がり調子の時ならやってもいいかもしれませんが、あくまでも投資信託は長期的なもの。

余剰資金で分配を考えないことが大切だってことです。

それでも毎月分配ってお金が毎月入ってくるので今でも人気なんですが、仕組みを冷静に考えたらゾッとする。

 

でも、やるかやらないかはあなた次第です。僕はおすすめしません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。