《仕事効率化》仕事はタスクで管理するのがベスト。確実だし漏れがない。

サブ
フリーになってタスク管理の大切さを思い知った。仕事ができるやつはとにかく漏れがないやつだと思っている。

会社を辞めてフリーになると、会社にいた時とは違い全て自分で仕事のスケジュールややりとりに交渉から、マネージメントが必要になります。アフィリエイターなのでそれでも僕は少ない方ですが、フリーになって一番に変えたのは仕事の管理方法です。

会社にいるときは入ってくる仕事やこなさなければいけない仕事がある程度決まっているので、それに合わせて動いていけばしっかり仕事はこなせますが、フリーになると大きなことから細かなことまで全部自分でやらなければいけません。

監視してくれる上司もいないので、自分がやるべき仕事を忘れていると、そのまま大変なことになったりします。特に大口の企業から依頼されているものだったりするとなおさらです。

タスク管理が最強だと行き着く

フリーになっていろいろな仕事の管理方法を模索してやってきましたが、結果「タスク」で管理するのが一番確実で漏れがない。

よく会社や学校では「ノートや手帳に書け」と指導されると思いますが、それは非効率だし結局漏れてしまうのであまりおすすめしません。もちろん過去に手帳で管理してたこともあります。

自分がいつも手に持っているものは何か?で考える

仕事が新しく発生したり「あ、○○やっといてー」とか、新しく仕事が入ってくるのは人と話している時です。フリーになると仕事を依頼されるのは、個人なので割と気楽な感じで依頼されます。

そんな時に手に持っているものは何か?と考えるとやはりiPhoneです。iPhoneならタスクの管理だけでなく、スケジュールの調整も手元で全部おこなえます。仕事を管理するためだけに手帳を持ち歩くのは愚行だと思ってます。もちろん個人の好みがあると思いますのでそれをやっている人を否定するわけではありません。

iPhoneならマックブックにiPadなどの自分のデバイスと同期させることができるし、パソコンで仕事を行う僕にとってはこれほど優秀なものはありません。

基本的にやらないといけないことが発生した段階で、すぐにタスクに入力します。あとは仕事をする時にタスクを見る癖をつけておくだけ。

1日でやれることは全部やっちゃう、できない人は向いてない

っとはいえ、全員が全員、タスク管理に向いてるというわけではありません。

タスクには書いてあるものの「明日やっちゃえばいいか」っとかなっちゃう人はタスクがどんどん溜まっていくだけなのであまり向いていません。

できるところまでその日のうちに全部片付けてしまう。それぐらいの意気込みを常に持っておくことが重要です。誰かからもらっている仕事は早めに済ませてしまった方がいいですし、そのサイクルが早くなれば、仕事を依頼してもらいやすくなります。

フリーでやっているうちは仕事をいただいている相手に常に最高のパフォーマンスで返すことが重要ですので。

ぜひ仕事の管理方法に迷ったらやってみて。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。