アップグレードしない商材は販売する価値が無い。当然買うのもやめておけ。

サブ
流動性のある商材ならアップグレードしていくのが基本

こんにちは!サブです。

僕はアフィリエイターですが、企業さんから依頼をもらってWEBサイトを作成したりもしています。そこで提供しているWEBサイトを最近「常時SSL対応」にさせようと思いエラーチェックしまくってました。やはりこれから作り出すサイトはSSLは必要になりますし、もう少し進むと今度は「AMP対応」がやってきます。WEB業界は忙しいんです。

ここで僕の考えです。

商材はアップグレードが基本

前回の記事で働き方は時代にアジャストして変えていかなければいけない。っとか話してましたが働き方だけじゃなく提供している商材も然りです。商材の買い手は常に変わりますしニーズも求められるものも変わってきます。

昔からこれでやってるから変える必要はないんだ!」っとか言っちゃうおっさんいるじゃないですか?恥ずかしいっすよね。昔と変わってないのはあなたの考え方だけで、顧客のニーズはどんどん変化していきます。これはWEB業界に限らずどんな商売でも同じです。

例えば「電話機能しかできない電話」を今の時代販売したら売れると思います?思わないですよね?
現代のモバイル端末は「ネット」というインフラを利用した時代にアジャストした最先端な商品です。だから売れます。

長く商売をしていくつもりなら、自分が提供している商材を常に疑わなければいけません。僕ならWEBサイトの使い方構築の仕方、アフィリエイトサイトの構造や見せ方に誘導の仕方などなどキリがありませんしめんどくさい。

でもだからこそそれらを地道にやる必要があります。それを辞めたらその商材は販売する価値がありません。

二択です。

商材の販売をやめるか?
商材をアップグレードさせるか?

商材やサービスに現状維持はありません。

アフィリエイターならWEBサイトやブログの使い方
営業職なら提案の仕方、アプローチの仕方
飲食業なら季節に合わせてメニューを変える
設計業界ならデザイントレンドを取り入れる

あなたは商材をアップグレードさせる人ですか?それとも過去の栄光に浸り取り残される人ですか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。