これは失敗した….。ANAの貯めたマイルは最終的に楽天ポイントにしました(笑)

こんにちは!サブです!

僕はキャッシュレス推進派。その理由の一つにカード払いだと「マイルやポイントが溜まるから」という理由があります。

その恩恵が実を結びANAのマイルも30,000以上溜まったのでこの度何かしらに使うことになりました。

 

マイルについての関連記事はこちら↓
現金払い辞めてカード払いばかりしてたらANAのマイルめちゃ貯まってた!w
約1年、会社の経費でマイルを貯めてみた結果!個人事業主はこれやらないと!サラリーマンやOLもぜひ!

 

こんな感じで貯めまくったマイルを結局どうしたか?の話です。

最終的に楽天ポイントへ

結果からですが、最終的に楽天ポイントへ換金する形にしました。(※航空券にはしなかった)

でも実はこれ損してますw

 

楽天カードを使った決済の場合「楽天ポイントを貯めるか」「ANAのマイルで貯めるか」と選択することができるんですが、付与されるポイントに差があります。

楽天カードだからなのか、楽天ポイントを選択した方がANAマイルより約2倍のポイントがつきます。当初はANAのマイルがあれば旅行とかでも行くだろう…。っと考えてマイルにしましたが、本来であれば60,000楽天ポイントが付与されていた計算になります。

 

つまり、30,000円ぐらい損しちゃった(テヘペロ)みたいな感じです。

楽天ポイントの方に切り替え手続き

記事ネタとしてはタメになりましたが、ANAマイルを楽天ポイントに換金した後は決済したら溜まるポイントを楽天ポイントの方に切り替えました。

これで今後は決済すると楽天ポイントが溜まっていくわけですが、マイルを楽天ポイントにして尚且つ今後も楽天ポイントに切り替えるんだったら最初からこっちにしておけばよかったw

ポイントの溜まる具合がスゲー楽天カード

でも改めてこうやっていろんなカードを使ってみるとポイントの付与率をみると楽天カードはずば抜けてるなと思います。普段の買い物をカード決済にしてるだけで、年間20,000ポイントぐらい付くわけですからね。でかいですよ。

例えばタバコとかお酒とかよくやる人だったら、コンビニでタバコ購入する時にカード払いや電子マネー決済すればそれだけポイントが溜まっていきますし、僕よりも溜まるんじゃないかな?

カード払いができないところはしょうがないけど、いまだにコンビニでカード払いをしない人は本当にもったいないことしてるなって思います。

 

公共料金とかをカード払いにしてポイントつける方法もあります↓
コンビニ払いの公共料金をクレジットカードで支払う方法《nanaco編》

これとかやらないとシンプルにもったいないですよ。だって公共料金は何万とか行きますから…。

 

今は国全体でキャッシュレス化が進んでますんで、キャッシュレスに貢献する人はますます優遇される形になるでしょう。

早いとこiPhoneだけで外出できる時代にならんかな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。