琵琶湖にバス釣りへ→釣れない→沼に落ちる→ご飯食べて帰るのコンボ

こんにちは!サブです!

最近は子供が生まれたばかりということもあり何かと忙しいんですが、暖かくなってきたので(いやむしろ暑い)今年もちょこちょこ釣りに行こうと活動しています。

っで、そんな中とあるきっかけから「琵琶湖にブラックバスを釣りに行こう!」ということになったので、道具をひとしきり揃えて、かみおかさんと琵琶湖までバス釣りまで出かけることにしました。

ブラックバスはおろか、釣りに行ってまとも釣れたことがないような釣り初心者の僕ですが、ブラックバス釣りの聖地琵琶湖ならガンガン釣れるんじゃね?という甘い期待感を抱かせてくれます。

琵琶湖に到着、名古屋からだと1時間ぐらい


琵琶湖の東側のバス釣りスポット「彦根港」に到着。

名古屋から琵琶湖ってめちゃ遠いイメージしかなかったんですが、高速使うと早いもんで1時間ぐらいで到着します。

愛知県内にある入鹿池とか常滑の方の釣りポイントに行くより時間がかからないのはなんかちょっとお得な感じがします。

一緒に行ったかみおかさんとも「ブラックバス狙うなら今度からこっちいけばいいね」みたいな話にもなりました。

琵琶湖というのはそれぐらい近くて雄大です。

 

この日はド平日だったんですが、さすがの琵琶湖。すでに多くの釣り人たちが日中から魚釣りに勤しんでます。

とにかく琵琶湖で釣りをするのに慣れてない僕らがポイントを探しスタスタ歩いていると、おじさんが話しかけてくれて「今日のコンディションは最高だぜ!」と教えてくれました。

この時まではとりあえず投げれば釣れてくれるものとばかり思ってました。

ポイントを転々と移動するも釣れない

琵琶湖ならブラックバスもたくさんいるし、とりあえず何かしら釣れるだろう….っとか思ってましたが現実はそうそう甘いものではありませんでした。

ポイントを転々として何もアタリが来なくてもめげずに投げまくっていたんですが、まったく釣れる気配がしません。コンディションは悪くない…じゃあ悪いのは技術か?

 

ただ、琵琶湖の良いところはそこら中にたくさんバス釣りのポイントがたくさんあるところです。5分〜6分ほど車で移動すればすぐに次のポイントに到着しますし、かなりアクティブに釣りを楽しむことができます。

この日も1ポイント30分〜1時間ぐらいで転々としながら陸からブラックバスを狙って投げ続けてました。

だが、釣れない….w

しかも途中で沼に落ちる

写真は撮り忘れちゃったんですが、何個か巡っているポイントの一つに沼(池)があったんですが、その沼で釣りをしている時にバランスを崩して沼にボチャン!とハマってしまいました。

今まで釣りしながら「落ちたらやだなー」なんて思ってましたが、まさか自分が釣りをしてて沼にハマってしまうとは….笑えます。

幸い全身ではなく下半身だけで済むようなところだったので良かったんですが、とりあえず軽く乾くまではパンツだけで公園のベンチに座ってました。人が少ない公園で良かったw

鉄板の美味しさ来来亭

夏限定の冷麺定食セット

その後もポイントを転々としながら釣りをしていきながら昼食もとります。

僕とかみおかさんはよく来来亭に行くんですが、滋賀県にも来来亭があったので来来亭にすることに。

この日は5月だったのにも関わらずかなり暑かったので冷麺の美味しさが身にしみます。

誰かブラックバスの釣り方を教えて、ってか一緒に行って

釣りに興味を持ち始めてかれこれ5年ぐらいだと思いますが、未だにブラックバスが釣れません。

ってかどうやって釣るの?誰か教えて!

琵琶湖はかなり楽しかったのでまたリベンジしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。