マウスピース矯正かブラケット矯正か?経験してみてわかったどちらがいいか問題

サブ
歯科矯正もだんだんと手頃な値段でできるようになってきましたよね

こんにちは!サブです!歯科矯正してます。
歯科矯正してると歯科矯正を検討している人からいろいろ質問されることがあるんですが、中でも特に多いのが「マウスピースかブラケットかどっちがいいですか?」みたいな質問です。
今回はこのどっちがいいか問題について自分なりの見解を話していこうと思います。

ちなみに僕はマウスピースかブラケットかを選択する場面がありましたが(※値段一緒で)結果的にブラケット矯正を選択しました。なぜそっちにしたのかも書いておきます。

マウスピースとブラケットの違いは?

こちらがマウスピース矯正で

こういうやつがブラケット矯正です。ブラケット矯正には前側矯正とか裏側矯正(見えないやつ)とか種類がありますね。

値段と見た目と効果が違う

これらの違いは「見た目」「値段」「効果」の三つになります。
マウスピース矯正の場合はパッと見言われなきゃわからないぐらいなので、矯正をしていることに気づかれないというメリットがありますが、その分値段が高く矯正力が弱く矯正期間が長くなってしまうというデメリットがあります。実際に見たことがあるんですが、たしかにパッと見だと全然わからないもんですよ。透明のマウスピースは。それに食事の時にはカチャっと外せるのも良いところですね。

ブラケット矯正(前側&裏側)は見た目的なものは悪いですが、マウスピースに比べるとちょっとだけ安くて矯正力が強いので矯正期間を短くできるというメリットがあります。食事の時は当然外すことなんてできないので食べづらさがあるのと、食べかすが挟まってしまうのでそこらへんが手間です。

ではなぜ僕がブラケット矯正を選択したのか?

そもそも僕がなぜ選択するタイミングがあったのかというと、矯正を始める段階では当初マウスピース矯正で始めることになっていましたが、歯並びが結構悪く大きく動かさないといけなかったので、半年だけブラケット矯正でその後は透明のマウスピース矯正にするという話で進んでました。

そして半年経った時にこのままブラケット矯正のままいくかどうか?と尋ねられた時にブラケット矯正を選択した感じです。自分が思ってたよりブラケット矯正が悪くなかったからでしょう。

矯正期間が短くて済むから

やっぱり期間ですね。
僕はメンドくさがり屋のインドア陰キャ系アフィリエイターなので、毎月1度のワイヤー調整と掃除で歯医者さんに行くのがとにかく億劫でした。正直これが何ヶ月も継続していくと考えるとスーパー嫌だったので、とにかく期間が短いブラケット矯正を選択しました。

ブラケット矯正が思ってたより悪くないし楽

そりゃーブラケットをつけた初日とか超絶違和感だし痛いし、好きなものも食べられないので嫌悪感しかなかったですよ!でもそれも不思議なもので2日〜3日すれば痛みも無くなり、口の中にあるブラケットの違和感も無くなります。
1週間もすれば普通に食事をすることもできるようになりますし、1ヶ月もすればブラケットに愛着すりゃ湧いてくるようになります(笑)ほんと人体の不思議です。

こちらの記事でも愛着について書いてます。
歯科矯正11ヶ月経過。値段とか痛みとか、感想書いておきます。

見た目的なもので考えるとたしかに悪いですが、可愛い奥さんと結婚してるし自分が思ってるほど他人はそうそう気にしてないので特に問題ありません。むしろ新規の取引先とかで話の話題とかにもなりますし、歯科矯正している人と出会うと仲間感もあります。

さらにさらに、マウスピース矯正の場合は食事の時に外したりつけたりしないといけないんですが、これは冷静に考えて手間です。その点ブラケット矯正の場合はそのまま付けっ放しでいいし、食事が終わって気になるようであれば口をゆすげばそれでいいです。歯磨きができる環境なら歯磨きしちゃえばいいだけですから。

歯磨きも慣れてくるので普通にできるようになります

歯磨きがめんどくせー!っとかよく聞きますが、こちらも自然とブラケットをしている状態の歯磨きの仕方に慣れてくるようになるので問題ありません。
むしろ、ブラケット矯正している方が歯磨きに対しての意識が高くなるので、歯の健康状態は矯正している時の方が良くなりました。毎月歯医者さんに見られるというプレッシャーも出てくるんだと思います。

っとざっくり書きましたが、ブラケット矯正かマウスピース矯正から悩まれている人は多いと思います。
実際にブラケット矯正をやってみて思ったことなので、まさに検討中の方など参考にしていただければと思います。

その他歯科矯正についてこんな記事も書いてます!
歯科矯正ダイエットは確立するかのか?歯科矯正すると痩せるよ?
歯科矯正中に食べやすい食事について
歯科矯正をやってみてわかったメリットデメリット

ぜひ参考にしてみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。