このブログ、1000記事いってたのでブログを書くということについて語る。

サブ
1000記事書いてはじめてバッターボックスに立てる世界。

こんにちは。サブです。

専業アフィリエイターになってもうすぐ3年目に突入します。

日々いろんなブログで記事を書き続け、その傍ら息抜きの一つとしてこの「自分を変えるブログ」を更新してきました。これからも好きなことや感じたことを好き勝手書いていこうと思います。

今日も好き勝手書こうと思って管理ページを開いたら、このブログも1000記事いってたのでアフィリエイトブログについて少し語ろうと思います。興味があったら読んでおいてください。思いついたことを好き勝手に書いているだけです。

ブログを継続的に書くヒント、考え方がわかると思います。

現在1054記事公開されています。

まず、いつも読んでいただいている方々本当にありがとうございます。

まず、最初に一番伝えたいことがこれです。

正直に言いますが、僕は決してボランティアで記事を書いているわけではありません。アフィリエイターなのでやはり気持ちの根底には「お金をもっと稼ぎたい」「もっとアクセスが欲しい」「贅沢したい!」「良いものが欲しい!」なんという欲望が渦巻いています。その気持ちから生み出されたのがこのブログに公開されている記事の一つ一つです。

このブログからも毎日収益が発生し、運営を続けられているのもこのブログに日々訪れていただける不特定多数のユーザがたくさんいらっしゃるからです。

記事の最後に「最後まで読んでいただきありがとうございます。」と必ずつけているのは、僕のことを知らないけれど僕の記事を読んでくれた人に感謝の気持ちをちゃんと伝えたいためです。

それだけブログやサイトを運営するうえで大切なのは「感謝」だと思っています。いつもありがとうございます。

では、話を戻してブログのことについて書いておきます。

1000記事公開されたブログはスタートラインにたったイメージ

僕はプロアフィリエイターとして日々どうやったサイトやブログにアクセスがくるのか?というのを追求しています。当然運営しているブログやサイトは、とんでもない数になるのですが、体感的にはブログだと1000記事ぐらい入るとやっとスタートラインに立った感じのイメージです。

まさに”ローマは1日にして成らず“です。

1000記事を書く過程でサイトには信頼性が蓄積されていきます。「ちゃんと更新されるブログ」「有益なコンテンツが入っているブログ」などなど、なんでも良いです。これらが蓄積されるので1000記事も行くと、1記事の影響力というのは多大なものになります。

僕が書いた記事が検索結果にすぐ表示され、上位にきやすいというのはこれらのバックホーンがあるからです。このブログも立ち上げた当初はもちろんアクセス0です。

アフィリエイトに近道はありません。でもドーピングは可能です。

アフィリエイターになって活動していると、このブログを通じてや口コミなんかで、僕にアフィリエイトを教えてほしい。っと言ってくれる人も多くなりました。

しかし、実際に教えると1ヶ月継続できない人が90%ぐらい。半年続く人なんて滅多にいません。人間は弱い生き物なので心のどこかで本当にアフィリエイトで稼げるのだろうか?と思っちゃうんでしょう。

スポーツと同じでドーピング的な手法ももちろんありますが、それらはブログやサイトの信頼性を失うだけでなく、寿命自体も縮めてしまうだけなのであまりおすすめしていません。書き続け更新することだけが確実にアクセスを集めてくれます。

あれ、話がちょっとそれちゃった。戻します。

一般の人からしたら1000記事書く!ってそうそうできることじゃない

1000記事って一見すると少なく感じるかもしれませんが、1000記事書くことができる一般の人ってなかなかいません。

1行とかの少ない文章量で1000記事ではなく、最低でも1000文字以上で1000記事です。文字数にすると100万文字以上書かないとたどり着けません。

でもそれだけ根気がいる作業だからこそ、1000記事公開できたブログというのはそれだけ価値が出るのです。

更新のペースは1日2記事ぐらい

更新のペースは1日2記事ぐらいを目安にしていますが、いろんなことに興味関心を持つ性格なので書きたいことはもっともっとあります。それらは他のブログで消化しています。

僕ほどいきなり書くというのは難しいので、1日2記事ぐらいをコンスタントに書けるようになることを目標にしてブログを始めるといいでしょう。

別に毎日更新しなくてもいい。毎日更新するということ自体に意味はない

ブログってなぜか「毎日更新するもの」みたいなイメージが強いですが、別に毎日更新しなくてもいいです。

更新したい時に更新して、やりたくない時はやらなければいいです。海外で名のあるブロガーたちは毎日更新という概念ではなく、書くテーマが多いだけで結果的に毎日更新されているというだけです。

毎日更新するという文化は日本だけの謎文化です。

1000記事到達するためには苦痛もある。でもそこで僕はやめない。

ブログ記事を書く時って、これだけ書いている僕でも”今日は書きたくないぜ!“ってなることもあります。

上では、そこで無理に書かず次の日にすればいい。と書いてありますが、この瞬間こそ踏ん張ってブログ記事を書きます。

筋トレと同じで、自分の限界を突破してはじめて筋肉がつきますし、きっと「あーめんどくせー」ってなるポイントは誰だって同じで、そこでアクセスを踏むか踏まないかがブログにアクセスをもたらす差だと考えています。

気分が乗っている時にやれるのは誰だってできる。

ブログでは言い切りの言葉を使うようにする

ブログやサイトを運営する時に細かい部分ですが、「言い切りの言葉」というのがとても大切です。

例えば「〇〇だと思います。」って書くより、「〇〇です!」って書いてあった方が信頼感がありますし、読んでくれた人へ与える印象も変わります。

それに言い切る表現を使うためには、情報ソースをしっかり調べるようになるのでよりクオリティの高い記事が仕上がるようになります。

アクセスは見ない。半年に1回見るか見ないかぐらい

ブログにはアナリティクスが入っているので、アクセスを見ることができますが、基本的には半年に一回ぐらいしかアクセスを見ません。

アクセスというのは変動的なものなので、毎日見ていると1日単位での判断しかできなくなり、長い目で俯瞰的に計画を立てることができなります。木ばっかり見て森を見てない人になっちゃいます。

アクセスは変動するもので、1日単位のアクセス変動で一喜一憂してはいけません。良質なブログ記事を1000記事も入れればアクセスは必ず安定するので安心してください。木を見ず森を見てください。

ネタがないなら家にあるものを一個ずつ記事にすればいい

ブログ記事について聞かれることで多いのが「何を書いたらいいのかわからない」ってやつです。

そんな時は家にあるものなんでもいいので記事にすればいいです。使ってみた感想。ちょっと失敗したなと思うこと。次買いたいものでもいいです。

それらはあなたからしたら大したものではないかもしれませんが、ユーザからしたらとっても有益な情報です。

10年かけて1000記事書いてもあまり意味がない

1000記事あるブログってアフィリエイトブログとしてはとても収益性の高いものですが、それを10年かけて達成するのはちょっとどうかと思っちゃいます。

期間をかけちゃいけないということではありませんが、期間をかければかけるだけ普通、いやそれ以下になってしまうこともあります。年間500記事は書いてください。2年でいけます。

ブログのアクセスはある日突然伸びる

ブログを立ち上げた当初ってなかなかアクセスがなかったり反応もないので、書くモチベーションを保ちづらいと思いますが、ブログへのまとまったアクセスってある日突然やってきます。

だいたい50記事周辺でちょろっときて、100記事あたりで一回どかっときて、200記事あたりでどかー。っときて500記事ぐらいになると10万PVぐらい軽くいってます。

こればかりはなぜかある日突然くるものなのでいつくるかわかりません。早いと1記事だけできたりします。ちなみにこのブログはアクセスが集まるのがちょっと早かったかな。

1日1円稼いでくれるブログ記事を17000記事持っていれば50万行く

これは以前記事でも書いたのですがこの理論で考えておけば間違いないでしょう。

僕もアフィリエイトを始めた時は1日1円稼いでくれるページを17,000ページ保有する!という目標で実行していました。シンプルな計算式です。

一番低いページ単価で考えていますが、実際は1日もっと稼いでくれます。ネットはどれだけ記事を公開してもいいですし、そこが青天井なのが良いところです。

アフィリエイトで50万以上の安定した収益をあげたいならこれをやりきれば絶対いけます。

・1日10記事コンスタントに更新したら1700日(4年6ヶ月ぐらい)でいけます。
・1日20記事コンスタントに更新したら850日(2年3ヶ月ぐらい)でいけます。
・1日30記事なら566日(1年5ヶ月ぐらい)でいけます。

これを目指していくのも一つの手法ですが、だいたい17,000ページ行く前に到達できるはずです。

なんかいけそうでしょ?

センスはいらない。なぜなら僕がノーセンスだから

ブログ記事を書くということにセンスは必要ありません。僕もノーセンス組みですし。

あなたの経験は他の人から見たらとっても貴重な経験で有益なものです。

でもセンスはあるにこしたことはない。

次は2000記事ぐらいいったらまた書きます

っということで今回はブログ記事について書きましたが、次は2,000記事ぐらいいったら書きます。

書きたいことだけ書き綴った感じですが、一言言いたいのはブログというのはとても素敵でとても楽しいものです。

これからブログを始める人、ブログ更新に疲れている人、ブログについてもっと知りたい人。

そんな方々の心にグッとくる記事になれば最高です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!サブです!
ニートになるために全力で仕事をしています!

お仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

記事執筆のご依頼や、新商品新サービスなどを実際に試してブログで紹介する仕事もしています。
ぜひお気軽にご連絡ください!