《アフィリエイト》最近アドセンスの審査が厳しくなっている話。原因を探ってみよう!

サブ
最近審査がとても厳しくなったような気がする

こんにちは!サブです!

アフィリエイトでメインの報酬の一つとなるアドセンスの審査にことについて書きます。

アフィリエイトに参入する人の一つの壁にもなりえるこの問題。

最近アドセンスの審査厳しくなってない?

日々いろんな人にアフィリエイトを教えています。

そのセクションの一つに「アドセンス審査の通過」というものがあるのですが、直近で審査に関してアドバイスをしてあげた人のブログが審査落ちしてしまいました。

記事のチェックもサイト構成も全部僕がおこなったのになんで?マジ卍。って感じになったのでアドセンスの知識をアップデートするためにちょっと調べてみました。

ちなみに前回はこんな記事も書いてます

アドセンス 審査 ブログで通る?期間は?審査が通らない原因など《2017》

2017.07.18

まず審査の返答がくるのも早かった

審査を流してから可否の返答が来るまでに1日もかかりませんでした。

僕がアドセンスの審査を通した時なんてトータルで2週間ぐらいかかったのに、今はレスポンスがとても早くなっているうえに、1次審査をすっ飛ばして2次審査から始めてくれます。

新規での参入障壁が高いアドセンスなので最近は新規でアカウントを開設する人が極端に減ったからなのでしょうか?

っで考えられる原因です。

コンテンツ不足

まず一番はこれです。

グーグルが一番に提唱しているのが優良で良質なコンテンツである。ということだからです。

とはいえ今回審査を流すにあたってアドバイスさせてもらったブログはしっかりした記事で、20記事程度入っていたのでコンテンツ不足もあまり考えにくかったです。

しかし、いろいろ調べてみると良質な記事で30記事でも落ちている人がいるので、特にコンテンツの量というのは基準があげられた可能性が高いです。同様のアカウントを使うyoutubeの広告も「10,000再生以上」いかないと審査すら出せないという仕様になっているのでありえそうです。

ナビゲーションの整理

続いてこちらも原因があるかもしれません。

今回アドバイスをさせてもらったサイトはナビゲーションが1個もなく、サイトに何がどこにあるのか?というの誘導がうまくできていなかったかもしれません。

カテゴリに分けているなら共通部分で整理をしてあげることも訪問者にとって親切なのです。

引用文の多さ

最近人気の記事の書き方ですが、引用文の多さです。

引用自体はとても良いと思うのですが、逆をいえばオリジナル文章がそれだけ減ってしまうということにもつながります。

記事を一通りチェックしましたが、ちょこちょこ使われている部分があったのでそこに引っかかった可能性も考えられます。

対処法はコンテンツ量をあげてサイト全体の整理をおこない再審査

っとはいえこのままではいけないので、対処法としてコンテンツ量をあげてサイト整理と引用文の比率を減らしてもらって再審査に流してもらおうと思っています。

今は30記事ぐらいまで書いてもらったので、50記事ぐらいになったらもう一度再審査の流れですね。

これに関して知っていることがある人がぜひ教えてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!サブです!
ニートになるために全力で仕事をしています!

お仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

記事執筆のご依頼や、新商品新サービスなどを実際に試してブログで紹介する仕事もしています。
ぜひお気軽にご連絡ください!