アフィリエイトは営業で言うと第三者話法。恋愛で言うと友達的ポジション。

サブ
アフィリエイトの基本なのでアフィリエイトやる人は覚えておいてください。

こんにちは!サブです!
アフィリエイトやってるとこんな質問をもらうことがあります。

広告主が公式サイトで商品のことを紹介してるのになんでアフィリエイトが成立するんですか?

たしかに商品そのものを知っているなら、広告主のサイト(※オフィシャルサイト)を見ればそこでスペックやウリなんかがわかるわけです。僕もこの疑問を抱いたことがあるので言いたいことはなんとなくわかります。

閲覧者(※購入検討中の人)は失敗したくない心理

これはもはや心理的な動向としか言いようがありません。

例えば….

プライベート用のパソコンを買いたい

オフィシャルサイトをチェックしてみる

実際に使ってみた人やプロの見解はどうだろう?

実際の口コミとかを見てみる(※ここがアフィリエイターのサイトとか口コミサイト)

購入(※別の商品を選択する場合がある)

こういう流れになることが多いです。誰でも一度は高額な商品を購入したことがあると思うので、この心理はなんとなくわかるはずです。つまり購入予定者は失敗したくないんです。購入する商品の金額が高ければ高いほどこの心理状態は強くなっていきます。

オフィシャルサイトからは真実を知ることができない

っでこれを踏まえた上で冒頭の話に戻りますが、閲覧者が最初に見たオフィシャルサイトからは真実を読み取ることができません。

なぜならオフィシャルサイトはメリットしか書かないし、自分の商品デメリットをわざわざサイトに書く会社なんて常識的にありません。メリットに隠されたデメリットがあるわけで、オフィシャルサイトは光しか見れないわけです。

恋愛に例えると、好きな女の子がいるとします。

その好きな女の子に自分から「俺、めっちゃ優しいんやで〜!」とか「わい、超一途なんや〜」っとかオトすために言うとします。これ客観的に見てアホじゃないです?女の子がそのまま「へえ〜◯◯君って一途で優しいんだ〜!」って捉えてくれる思います?僕は思いませんね。

でもこれが第三者だったら?

◯◯君ってめっちゃ優しいんだよね〜
◯◯君ってすごい一途らしいよ
◯◯君は◯◯ちゃん(※本人)みたいな子が好みって言ってたよ

言ってることは同じですがグッと説得力あがりますよね?

アフィリエイトが成立する仕組みがここにあります。「アフィリエイト=営業代行」なので常に中立の立場から物事を発してます。なぜ中立の立場だと説得力が増すのかというとその人にとって一見メリットがないように本能的に感じているからです。(※アフィリエイトはバックがあるのメリットありますが…。)

これがアフィリエイトが成立している仕組み。営業で言うと第三者話法なんです。
あなたのアフィリエイトはちゃんとこの特性を理解して記事書いてますか?ぜひ実行してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。