月100万のアフィリエイターが大した事ない理由

こんにちは!サブです!

よくアフィリエイトの一つの目標とされるのが「月100万」というラインです。

アフィリエイトをやろうとしてネットで情報収集したりすると「1年目で100万超えましたー!」とか「2年でやっと100万超えましたー!」みたいな文言をよく見かけると思います。

 

っで、こういうのをアフィリエイト初心者が見た時「すげー月100万もアフィリエイトで稼げるのかー!」みたいな感覚を覚えると思いますが、実はこれ「100万(※発生報酬)」で言ってるだけなので、実際に手元に入ってくるまでのお金を考えるとアフィリエイターとしてはまだまだなライン。

 

むしろスタートラインにやっと立てたか…。ぐらいの感じです。

それはなぜか?今回はこれを紐解いてみましょう。

具体的にどれくらいになるの金額になるの?

※ものすごくざっくりと計算した感じです!

アフィリエイト報酬 1,000,000
確定率 約70%
広告費や諸々経費 -200,000円
消費税 -40,000円
健康保険 -50,000円
年金 -15,000円
市民税(住民税) -30,000円
所得税 -10,000円
生活費として使える金額 355,000円

という感じになります。

確定率というのはアフィリエイトリンク経由で購入した人が最後まで購入に至るまでの確率、広告主が承認してくれる確率。(変動あります。)

 

355,000円は旦那さんがサラリーマンで奥さんがパート勤めして平均的に稼げる月収程度です。

いやいや、355,000円も手取りならいいじゃん!って思うかもしれませんが、サラリーマンの場合はこれに年2回のボーナスがありますし、社会保険へ加入しているので1年という期間で見た時はまだまだサラリーマンの方が安定してます。

さらにこれを個人事業や法人でやってた場合、これにプラスで個人事業税や法人税も加算されます。僕もアフィリエイトで月100万いってますが、実際に体感してみて帳簿につけてみると「あれ?こんなけしか使えんの?」みたいな感覚になりますw

 

つまり、「アフィリエイトで月100万=35万〜50万ぐらいの手取り」という感じで、もしアフィリエイトで家族を養っていく!裕福な生活をしたい!って考えると、月400万〜500万ぐらいの発生報酬がないといけません。

こうやって紐解いてみると、月100万レベルのアフィリエイト報酬でマウント取ってくる方達は、実はそう大したことがないか、予定納税分の金額を無視してちゃんと帳簿つけてないかのどちらかということがわかります。

 

対策は、アフィリエイトを事業として起業

対策としてはやはり事業としてアフィリエイトを運用していく感じでしょう。

どれだけ利益を残すか?夫婦か?一人か?とか構成によって、法人か個人か変わってきますが、事業として立ち上げると節税できる幅が広がるので、アフィリエイト報酬を上手に振り分けていくことができます。

事業として立ち上げると、ランニングコストが少ない(※飲食店とかに比べて)アフィリエイトは一気に強くなります。人を雇うということも発生しないので、より上手に報酬を振り分けていくことができるようになります。

 

いずれにしても知識は最強です↓

 

僕もアフィリエイターとしてはまだまだ伸び代があるので、これからもガンガン突き詰めて月500万ぐらいいったら、マウントとり始めようと思いますw

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。