2018年7月導入のグーグルの「スピードアップデート」について備忘録

サブ
備忘録的に書いておきます。SEOで集客するなら知っておこう。

こんにちは!サブです!
今回はSEOの話。2018年7月に導入されると言われているグーグルの「スピードアップデート」について備忘録を書いておきます。アフィリエイト業界もSEOのトレンド情報が頻繁に流れてくるようになりましたが、一貫して僕が言ってるのは「ユーザのために有益な情報をサイトに載せること」SEOはこれに限ります。

では知っておくべき点を書いておきましょう。

今回のスピードアップデートは表示速度が評価基準に入る

まずスピードアップデートがどんなものか?というと検索エンジンの順位が反映されるルールの一部にサイトの表示速度が関係してくる。ってものです。

サイトの表示速度が遅ければその分ユーザーはサイトが開く時間を待たないといけないわけですし、この評価基準が設けられることはかなり前から言われていましたし、このスマホ通信容量制限時代にはまさに必要な施策と言えるでしょう。

評価が下がるのは極端に表示速度が遅いサイトだけ

でも今回のスピードアップデートはそこまで懸念材料があるわけではありません。

対象となるのはあくまでも「極端に表示速度が遅いサイト」になりますので、普通にサイトが表示できているサイトであれば評価がマイナスになることもありません。全検索結果に反映されている2%のサイトしか該当しないそうです。

なので自身のサイトの表示速度の遅さが気になるからと言って、そこまで神経質に対策をする必要はなさそうです。なんども言ってますが一番大切なのはサイトの中に入っているコンテンツですから。これをわかってないとSEOをやる意味はありません。

表示速度があがると評価も上がるは間違い

このグーグルのスピードアップデートに関してはいろんなブログでも記事が公開されていて、その中で「表示速度があがるとその分評価もあがってく」みたいに書かれているところもありますがこれは間違いです。

今回のスピードアップデートはあくまでも極端に表示が遅いサイトにだけマイナス評価を与えるものになりますので、いくらサイトの表示スピードを早くしたからと言って検索評価も比例してあがっていくわけではありません。

ジョンミューラーもこれに関して発言してます。

サブ
低速なページのみ低評価を受けるよ〜。表示速度をあげても評価はあがらないよ〜みたいなことを言ってます。

これは最近ツイートされたものですが、どうやら誤った認識が世界的に広がりすぎてしまっていたためジョンミューラーが追発信したのだと思います。僕もこれを見るまでは普通に速度早めりゃ評価があがると思ってましたからねw

でも一番大切なのはコンテンツだからな

もうこれに関してはなんどもなんども言ってますが、SEOに置いて一番大切なのは中に入っているコンテンツです。スピードアップデートが導入されたからと言って一生懸命サイトの表示速度をあげようとしてもサイトやブログの中に入っているコンテンツがスカスカなら、その努力はあまり意味がありません。

特にSEOを考えてサイト運営をされている方には切に伝えたいです。
とにかく最重要はコンテンツです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

最後まで読んでいただきありがとうございます!
もし良かったら記事をツイッターやSNSでシェアお願いします!

「この題材について書いてほしい!」などがありましたらツイッターにお問い合わせください!
速攻で動画か記事にします!

記事執筆、記事寄稿などのお仕事のご依頼もぜひ!レスポンスの早さが強みです。一緒にお仕事しましょう!

これからも皆様に役立つ記事を執筆していきますので、またサイトに来てくださいね!お待ちしてます。

急ぎでの仕事のご依頼→080-6919-0502

どんな人→サブのプロフィールはこちら