ブログの時代は終わりつつある

こんにちは!サブです!

僕はブログからの収益で食ってますが、いつまでも続くと思ってません。

アフィリエイターやブロガーという世界で生きてると業界の傾向や動きがわかるんですが、今後の「ブログからの収益」という観点で見るとだんだん稼げなくなってくるだろうと思ってます。

もちろん稼げないというわけではないですが、2010年〜2013年ごろのブログの勢いや人気と比べると市場はかなり減ってるんじゃないかと思います。

それはなぜか?

他プラットフォームの充実

理由としてあげられるのがSNSの普及です。

ブログはやってないけどSNSはやってるって人の方が多いと思いますが、その影響は如実に出てます。

情報を収集する分母は変わりませんが、情報が収集できるプラットフォームが格段に増えてきたという感じ。

ツイッターやらインスタやら、ツイッターに関してはリアルタイム性が強いのでいち早く情報を収集したい人だったらWEB検索よりもそっちを使うでしょう。

検索して情報収集するのは古い

ブログは誰かにアクセスしてもらってなんぼの世界ですが、その入り口になりやすいのが「検索」です。

自分の欲しい情報を検索すれば、ネットから情報を引き出せますがこの検索をどこでするのかが分散してきてます。

特に若い子の場合、グーグル検索で情報を収集することはほとんどありません。

 

お店を探しているならグーグルマップから、情報が欲しければツイッターで検索し、画像を見たくなったらインスタで検索を始めます。ここ10年で本当に大きく変わりました。

何か知りたいと思った時にグーグルやヤフーの検索を使うのはおっさんたちの特徴なんです。

昔は検索といえばグーグルでしたが、今はSNSのプラットフォームを使った検索の方が一般的になりつつあります。

ブログの文章なんてそもそも読まれない

ブログがめちゃくちゃ面白いハイセンスな人は別として、ブログの文章は読まれない時代になってきてます。

僕は毎日一生懸命ブログ書いてますが、読まれている割合は全体の10%にも満たないでしょう。

 

わかりやすく例えるなら「ブログは小説でユーチューブは漫画」で、やはりわかりやすさを考えると、受取手側は文章だけで説明されるより、画像や動画で見る方が100倍理解できるからです。

昔からあることわざにもあるようにまさに百聞は一見にしかずです。

閲覧者は脳をできるだけ使わない方にシフトしていきますので、ブログと動画で同じコンテンツが発信されている場合だったら耳と目を使って入れば情報が入ってくる動画の方を選択します。

それぐらい動画とか画像って人に伝えるための最良の手段なんです。

現代人はどんどん文章を読まなくなってきてるんです。

かといってブログが無くなるわけではない

かといってブログやWEBサイトが終わるわけではありません。そこは安心してください。

例えばツイッターで気になる情報が見つかってクリックしてリンクに飛んだとしてその先はだいたいがブログです。

段階が変わってきている感じで

 

ツイッター→表面的に知る

ブログ→具体的に知る

動画→もっと具体的に知る

 

という感じ。

最終着地はブログやサイトなどのWEBページになるんで、ブログ自体が無くなるわけじゃないです。

でも確実に文章媒体から求められてきてるのが変わってるのはアフィリエイターをやってるとよくわかります。

重要なのは自分のアップデート

っで世間がこういう傾向だから何をすればいいのか?ですが、必要なのは考え方のアップデートです。

ブログで稼げたりしちゃってると「俺の天職はブログだー!」っとかなりがちですが、時代がいつまでもそれに準じてるわけではありません。

 

稼ぐ!というところにフォーカスした場合市場規模がでっかい方に身を寄せるのが商売の鉄則なんで、ユーザーから動画や画像での説明を求められているならそっちでやってあげればいいだけです。

意固地になって今のやり方を続けようとするのは得策ではないです。

登りエスカレーターで上に行くか下りエスカレーターで上に行くか?ぐらいの違いです。

 

僕もそろそろ本格的に動画にシフトチェンジしていこうと思います。ブログはやめませんよ!w

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。