《アフィリエイト》アクセスがある記事にはコンテンツを追加すること。

サブ
どんな記事にアクセスがくるかはわからない

こんにちは。アフィリエイトのこと書きます。

どれだけブログやサイトを極めた人でも、記事を公開する前から執筆した記事にどれぐらいのアクセスがくるか?というのは正確に目算することはできません。

僕がよく「とりあえず記事を更新していこう」っと言っているのはこの「どの記事にアクセスが来るのかはわからない」というのが理由です。ある程度認知度がある人のブログやサイトではなく1から立ち上げた場合です。

やってみないとわからない精神です。

公開してアクセスがすぐに来ているブログ記事は将来性がある

公開して間もないにも関わらず、他のブログ記事に比べてアクセスが来ている記事は将来性があります。

そのまま放置していて数ヶ月ぐらい経てばまとまったアクセスがくるようになりますが、アクセスが来ているならそのブログ記事に追加コンテンツを入れることでよりアクセスを向上させることができます。

僕の場合は半年間ぐらいはアナリティクスを見ないので、だいたい公開して4ヶ月〜6ヶ月ぐらいの期間を見て、どの記事に追加コンテンツを入れるのか?というのを見極めています。

記事をたくさん書くのは効果測定なイメージ

アフィリエイトを教えている人に僕が「とりあえずなんでもいいから更新して」と伝えているのには、効果測定的な観点があるからです。もちろんその他にも記事更新に慣れてもらったり、書く!という習慣をつけてもらったりするためでもあります。

いきなり狙って一発一発アクセスを大量に稼げる記事を書いていくことができればそれでいいのですが、僕でもそんなことはできませんし、初めての人ならなおさらできないでしょう。

ある程度記事を更新すると、目に見えて「こういうジャンルがアクセスが来るんだ!」とか「こんなのにもアクセスが来るんだ」っと自分が書いているスタイルに集まってくるターゲット層が見えてくるようになります。それらを踏まえて今後書く記事を決めたり、アクセスがある記事には追加コンテンツを入れていきます。

アクセスを持っている記事は新しく書いた記事を助けてくれる

アクセスがある記事に追加コンテンツを定期的に入れ続け、どんどんアクセスが増えていくとさらに発展した使い方ができるようになります。

そのアクセスがある記事と関連した記事を新しく書いた場合、そのアクセスがある記事から内部リンクを貼る。というやり方です。

もともとアクセスが安定している記事なのでそこからアクセスも入ってきますし、アクセスが大量にある記事からリンクされているというブランドで検索エンジンからの評価も高まります。

自分が書いた記事を毎日アクセスチェックするのはダメですが、ある程度期間を見て見直し、どれくらいアクセスがあるのかをチェックして追加コンテンツを入れてあげましょう。

え?この記事こんなアクセスあるの!?って驚くこともありますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!サブです!
ニートになるために全力で仕事をしています!

お仕事のご依頼もたくさんいただき本当にありがとうございます。
お仕事もプライベートの絡みもお気軽にどうぞ!

記事執筆のご依頼や、新商品新サービスなどを実際に試してブログで紹介する仕事もしています。
ぜひお気軽にご連絡ください!