《アフィリエイト》成功率は挑んだ回数に比例し、飛躍的に向上する

サブ
天才数学者ジョン・ナッシュのお言葉です。

アフィリエイトのこと書きます。

最近歴史や偉人関係のことに変にハマっているので、偉人の言葉や功績なんかを知識として入れることが多くなってきました。その中で僕が好きな偉人のカテゴリーが「数学者」

数学者って聞くと、難しい難問を何個も何個も解いている天才のイメージがとても強いと思うけど、実際に調べてみると過去の天才数学者が作った問題を、友人も家族も全て捨てて人生そのものをかけて解く!という人がほとんど。

解いたからどうなるのか?といわけではなく、数々の天才たちが人生をかけてたった1問の問題を解く!ってところにロマンがあるんですよ。

成功率は挑んだ回数に比例し、飛躍的に向上する

そんな天才と呼ばれる数学者はいろんな名言を残していきます。その中の一つがこれ。

成功率は挑んだ回数に比例し、飛躍的に向上する

人は生きる中で小さなことから大きなものまで目標を立てて、または立てられて、それに向かって進んでいきます。仕事でもそうです。挑んだ回数に比例するってのは一見当たり前のような言葉に聞こえますが、これこそアフィリエイトや仕事の真理なんじゃないかと思います。

アフィリエイトに置き換え、「成功=大きな報酬」と前提を置くと、相手が見えない分、ある程度見ているユーザを想像したり先を見たりして記事を書いたり、WEBサイトを作ったりしていかないといけません。

当然、100サイト作った人と1サイトしか作ったことがない人では、成功率にそれだけの差が出るということです。アフィリエイトに限らず仕事でもそうです。

常に目標・目的があって仕事を進めていくのであって、それを達成するためにはそれに応じた挑戦数が必要になります。そして最後の言葉「飛躍的に向上する!」という部分。アフィリエイターの成長曲線はある日突然報酬とともに膨らみます。まさに飛躍的に向上するわけです。

僕はこれからも成功率を飛躍的に向上させるために挑み続けたいと思います。1サイト、2サイト作って結果が出ないと嘆く前にアフィリエイトの世界はとことん追求することがとても大切です。

ポアンカレ予想には痺れるよ

そんな過去の偉人たちが残した数学の問題の中で一番痺れてロマンがあるのが「ポアンカレ予想」

この答えが出た時「宇宙のそのものの形がわかる」というとてつもない問題なのですが、実は2000年以降にグレゴリ・ペレリアン博士がこの問題の答えに行き着いています。

しかし、あまりにもこのポアンカレ予想が難解すぎて、その説明を聞いた学者たちは理解をすることができません。

またこの問題を解いたら賞金が出るのですが、その賞金などの受け取りも拒否。そして「宇宙の真理を知ったのにこの賞金に何の意味がある?」という言葉を残し隠居生活に入ります。宇宙そのものには未来がないということですね。ロマンがあって痺れるストーリー。映画化してほしい。

目標を達成するために挑み続けていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。